忍者ブログ
ラノベやアニメ、映画、TCGなど。
[735] [734] [733] [732] [731] [730] [729] [728] [727] [726] [725]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 ジャストボイルド・オ’クロック (うえお久光/電撃文庫)


 正統派ヒーローのSF風味な話。
 おもしろかったです。
 たぶんうえおさんはこういう少年のころ持っていた憧れとかをいつまでも持ちつづけているタイプの人なのでしょうねぇ。
 悪魔のミカタを読んでいてもそれがわかります。

 話のほうはかつて正義の味方だった主人公が探偵としてある事件の依頼を受けることになり、それに巻き込まれる形で過去の事件の謎が明かされていきます。
 ストーリーはそれほど複雑ではないですが僕は最後まで(カリバーンの相棒がどちらなのか)わかっていませんでした。
 たびたび「つばさ」のことが話に挙がってもいまいち判然としなくて。
 最終的には理解できましたけど。

 それよりもキャラクターがよかったですね。
 うえおさんらしい、軽めでお調子者っぽいけど締めるところで締めるような、そんな主人公がかっこよかったです。
 それに相棒のアルもいい性格をしていて二人の掛け合いがおもしろかったですね。

 絵師さんが「悪魔のミカタ」と同じ方なのでどうしてもイメージがかぶってしまうのですが、それでも充分楽しめました。
 やっぱりうえおさんの作品は好きだなぁ。
 「シフト」のほうも早めに読むことにします。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
アクセスカウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
インフェリー
性別:
男性
職業:
社会人
趣味:
ラノベ、アニメ、映画、TCGなど。
自己紹介:
詳しいプロフィールは こちら を。Twitterはこっち
メールフォーム
blogペット
バーコード