忍者ブログ
ラノベやアニメ、映画、TCGなど。
[1479] [1478] [1477] [1476] [1475] [1474] [1473] [1472] [1471] [1470] [1469]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 いたたまれないというか、愛はどこまで耐えられるかといったテーマ性を感じました。
 なぜかトミー・リー・ジョーンズと混同してしまうトム・ウィルキンソン主演のなんともいえない愛と憎しみの物語。

 大それた話ではなく、日常的な事件や事故のなかで人々が愛と憎しみのあいだで揺れ動く話ですね。
 愛があれば憎しみを押し潰せるのか、愛があれば何をやっても許されるのか。
 それぞれの登場人物が密接なつながりをもっていて、愛を試されているかのような展開に胃がキリキリとします。
 冷静に考えれば愛があっても許されないことはあるだろうし、だけれども愛してるからこそすべて許してしまいたくなる気持ちもわかるのがつらい。というかいやらしい?

 こういうタイプの映画はやっぱり苦手です。
 理性と感情を秤に掛けられている感じがしますね。
 そしてどんな人間もどちらか一方のみで生きているわけではないのでこの映画は見ていると胸が苦しくなります(個人的に(おじいちゃんがダメな息子でも愛していると親子愛を見せる)シーンが特に苦手です。理屈で解決しないといけないところに理屈でない要素を持ってくるのだもの。その気持ちがわかるからこそ余計に観ていて息苦しい)。

 おもしろいにはおもしろいけど、観終わってとても複雑な気分になりました。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
アクセスカウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
インフェリー
性別:
男性
職業:
社会人
趣味:
ラノベ、アニメ、映画、TCGなど。
自己紹介:
詳しいプロフィールは こちら を。Twitterはこっち
メールフォーム
blogペット
バーコード