忍者ブログ
ラノベやアニメ、映画、TCGなど。
[119] [118] [117] [116] [115] [114] [113] [112] [111] [110] [109]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 思ったこと感じたことをグダグダと取り留めもなく書き連ねたいので興味のない方は飛ばしてください。不快に思われても責任はとりかねますので。

 さて。いろんな作家さん(イラストレーターさんはいちおう除外しておきます)を見て回ったのですが不思議な心地を覚えました。生の作家さんの日記などを見ると自分もその輪の中に入りたくなってくるのですね。これは不思議なようで当たり前のようで、やっぱり不思議なことだと思います。
 僕は、毎日のようにライトノベルを読み、ライトノベルに接していると「ああ、こんな小説を僕も書くことができればいいのに」とラノベ作家に憧れたりします。そういった憧憬を抱いていますといつの間にかラノベ作家さんがテレビの中のアイドルよろしく、雲の上の人のように感じられてしまうのです。そうなると「ライトノベル作家」という文筆業を「職業」ではなく、一種の「肩書き」として認識してしまうみたいです。こうなると自分もその「名誉な肩書き」が欲しくなってきます。ラノベ作家になるために手っ取り早い方法は――小説大賞の新人賞に応募することです。
 そうすると小説公募に応募するのは本来の「小説を書きたいから作家になる」という理由からではなく、「小説家という憧れの肩書きが欲しいから小説家になる」という滑稽な心境に支配されてしまうのですね。これは作家を目指す意義を履き違えています。
 そうした状態から目を覚まさせられるのが等身大の作家さんに触れるときです。僕の場合は前回の第五回LNF(ライトノベル・フェスティバル)にて渡瀬草一郎さんに直接お会いしたときです。僕はまだ渡瀬さんの著作は一度も拝見していないのですが(いずれ読むつもりですが)その作品の堅実さは耳にしていました。そんな作品を書かれる作家さんはいったいどんな方なのだろうとお会いしてみるとビックリ。とても普通の方なのです(貶す意図は含みませんのであしからず)。普通の好青年な方で、しかも外見は僕の兄に似ていました。なぜこれに驚いたかというとあまりに普通の方だったからです。自分の中では空の雲の上の作家さんが目の前で話して談笑している、言い方は悪いですがどこにでもいる普通の人間だったわけです。
 この出来事に僕は冷や水を浴びせられたようなショックを受けました。いえ、目から鱗が落ちる、という表現のほうが的確ですね。こういった生の体験を味わった途端、僕の中での「ライトノベル作家」という「肩書き」が本来の「職業」に戻っていったわけです。
 (この人――渡瀬さん――も僕と同じ人間で、単に仕事をしているに過ぎないんだ)
 よくよく考えてみれば当たり前のことなんです。ですがたまに「夢」を見ると浮き足立ってしまい、自分が進むべき道が見えなくなってしまいます。これは心の弱い僕特有のものなのか、就職という人間社会に踏み込むための通過儀礼の欠片なのか、よく分かりません。
 ……なんだかまとまっていないですね。グダグダは承知で書いたのですがこれ以上続けてもテンションが下がるだけなので終わりにします。





 でもですね、考えてしまうのですよ。「ライトノベル作家」という、僕の目には輝いて見える星を、追いかけてはいけないのかなぁ、と。
PR

コメント
初めまして
初めまして、ブログってけっこう難しいですよね!
気になってコメントつけさせていただきました。
ちょこちょこ拝見させていただきます。
【2006/06/23 03:12】 NAME[yayoi] WEBLINK[URL] EDIT[]
はじめまして
コメントどうもです~。
こんなブログでよろしければいつでも覗いてやってください(笑)。
【2006/06/23 03:18】 NAME[インフェリー] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
アクセスカウンター
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
インフェリー
性別:
男性
職業:
社会人
趣味:
ラノベ、アニメ、映画、TCGなど。
自己紹介:
詳しいプロフィールは こちら を。Twitterはこっち
メールフォーム
blogペット
バーコード