忍者ブログ
ラノベやアニメ、映画、TCGなど。
[798] [797] [796] [795] [794] [793] [792] [791] [790] [789] [788]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 天元突破グレンラガン 第14話


 すごいミサイル避けですね!
 たしかマクロスがもっとも美しいミサイル戦だと言われるそうですがこれもすごくきれいな戦闘シーンです。
 そして最後の貫くドリルは漢のロマンです。
 かっこいいです。




 Yes! プリキュア5 第44話


 なんだか戦闘シーンに迫力がありません。
 話はいつも通りな感じでハデーニャさんが退場してしまいました。
 けっこういいキャラだったのになぁ。

 ミルクはあまり好きではないのだけど、最後のところで「あっはぁ♪」という仙台エリさんの素の声がかわいかったです。




 キミキス pure rouge 第11話


 二見さんがデレデレデレー!
 あーも、かっわいいなぁ。

 意外にも一輝・二見さんのペアが一番うまくいってます。
 二見さんは初めが取っ付きづらくて大変だけれども、すこしでも慣れればけっこうベッタリなタイプなのかも。
 それ以外の二組がなんだか不穏な気配がします。
 光一も浮気なところがよくないとはいえ、たしかにでこキスされれば意識もします。
 やっぱりネックなのは摩央ねえちゃんなのですね。
 彼女がどう動くか。
 これにすべてが掛かっているので泥沼にならないようお願いしますよ摩央ねえちゃん。




 ナイトウィザード The ANIMATION 第12話


 なんか怪しいと思ってたけどやっぱりそうだったのかキリヒトー!
 最終回目前でくれはもダウン、あかりんは行方不明、柊は満身創痍。
 どうなってしまうのでしょうか。
 この作品のノリから考えればなんとかハッピーな終わり方にもっていってくれるのではないかと信じたいところです。
 次回は幕を「下げる」男、柊の活躍に期待です。




 スカイガールズ 第25話


 意外にあっけなくワーム消滅。
 アイーシャは死んでしまったのでしょうか。
 その辺の説明もあったような気がしますが覚えていません(汗)。
 とにかく次回で最終回。
 なんだか寂しいなぁ。




 BLUE DROP ~天使達の戯曲~ 第12話


 きましたわー!
 プールにどぼん、そして大好キッス!(←大興奮)

 ようやく来ましたね。
 この百合を期待していたのです。
 いままでの経緯があって実った想いなのですよね、この二人は。
 いいですねぇ。

 そして次回は最終回(?)でどうにも千光寺さんが危なさそうな気配です。
 たしかにハッピーエンドは難しそうな展開ですがここまできて萩乃だけ……なんてのは悲しいですし。
 オノミルとアザナエルのような悲しいことにはなりませんように――。




 しゅごキャラ! 第12話


 バツたまが回収されてしまうとその人はどうなってしまうのだろう?
 その辺の説明があったかどうか、記憶があいまいです。
 内容はクリスマスの楽しそうな雰囲気が伝わってきてよかったです。
 それと対照的にイクトやうたうの物悲しさが際立ちます。
 いったいどんな背景があるのか気になりますね。




 機動戦士ガンダムOO 第12話


 エクシアかっこいい~♪
 あいかわらず戦闘シーンで魅せてくれます。
 ソードが装甲を溶かすようにゆったりと引き裂いていく描写はしびれますね。
 そして今回は宗教に絡めた紛争でした。
 頭がこんがらがる話でしたが要するに超保守派の反乱だったということなのでしょうか。
 教義のちがいで戦争が起こるのは昔からですが難しい問題ですね。

 あとママフラグが立ったようでサジたじたじ(笑)。
 あれは吹きました。
 それに金髪のグラハムさんも過去の名ゼリフがいい味だしてます。
 もう彼が主人公でいいのではないかしら。




 D.C.II ~ダ・カーポII~ 第12話


 ベタといえばベタだけどさすがにこれはないでしょう(苦笑)。
 あまりにうさんくさい手のひらの返し方にびっくりです。
 そしてここにきて小恋が別れを切り出す、と。
 おそらく美夏ルートなのだろうと思っていたけどいまさら小恋と別れさせるのは遅いような気も。
 なんだかバランスが悪いです。
 1クールなら次回あたりが最終回だと思いますが果たしてどんな終わり方になることやら。




 ef - a tale of memories 第12話(最終話)


 OPの時点で鳥肌が立ちました。
 いままでの崩れていく彼女たちを救う三人と、そして鎖を解きほぐす影。
 これだけですでに感激です。

 内容のほうも最後の最後まで立ち止まらずに走りつづけるレンジがかっこよすぎます。
 一枚一枚の記憶をさがす場面のBGMと背景が最高に気分を盛り上げてくれて、見ていて応援したくなってきますね。

 ラストシーンでは三人の主人公と三人のヒロインがそれぞれに自分の想いを見つけることができて感動ものでした。
 なかでもレンジ、彼は三人のなかでも一番苦労して悩んでがんばりぬきました。
 そうして得られた奇跡は運命を支配する必然に偶然を呼び寄せた、まさに意思のちからによるものなのでしょう。
 卓抜したBGMと演出に支えられたシナリオも良質で。
 視聴して気持ちのいい、すばらしい作品でした。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
アクセスカウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
インフェリー
性別:
男性
職業:
社会人
趣味:
ラノベ、アニメ、映画、TCGなど。
自己紹介:
詳しいプロフィールは こちら を。Twitterはこっち
メールフォーム
blogペット
バーコード