忍者ブログ
ラノベやアニメ、映画、TCGなど。
[540] [539] [538] [537] [536] [535] [534] [533] [532] [531] [530]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 Yes! プリキュア5 第16話


 海賊ハリケーン!
 ひさびさのこまちさんメイン回で内容はもちろん、とりわけ作画がすばらしかったですね。
 落ち込むこまちさんが可愛いと同時にちょっと可哀想で、だけど不器用なナッツも悪いやつではないので憎めませんね。
 それにまどかお姉さんも出てきましたが微妙な役回りでした。「こまちさんの家の者」以外の出番がなかったのが惜しいですね。
 そして最後の戦闘シーン。
 プリキュアもパワーアップしたコワイナーも動きまくりで熱い熱い。最後はアクアが撃退するのも良かったです。

 僕が見たかぎりではこまちさんの小説は立派なものだと思いましたが実際にこの目で読んでみたいものですね(笑)。
 夢に向かってがんばれ、こまち!




 ハヤテのごとく! 第8話


 すごく女の子になってますね(苦笑)。
 もともと女顔というものだとは思いますが似合いすぎて怖いです。
 そういえば中の人つながりで「まほらば」の白鳥くんも女顔ゆえに女装ネタがありました。白石さんの声がそういう気弱で優しそうな少年声だからなのでしょうね。

 個人的には前半より後半のマリアさんとのビリヤード対決のほうが興味深かったです。
 勝ったら何でも言うことを聞く、という条件なのにハヤテの純粋っぷりがまたいいですね。
 僕だったら一日だけ専属のメイドになってもらう、とかそういうのがいいかも。とはいってもマリアさんに命令するのは気が引けるのでけっきょくメイドらしいことをしてもらえなさそうですが(苦笑)。
 まあ一日中いっしょにいてもらうだけでもウキウキどきどきですね。

 妄想をかきたててくれる回でした(笑)。




 ひとひら 第8話


>「いま逃げたら楽しかった記憶すら思い出すのがつらいものになってしまうわ」

 いい言葉ですねぇ。
 けっこう話の進みが早いです。いよいよ文化祭本番。
 やはり思っていた通り「麦のセリフ忘れ」と「野乃の声喪失」が同時に来ましたね。
 それでも頑張ろうとする野乃は本当に信念を強く持っているのですね。
 そしてそれに続くように麦の大音声。これがいいですね。腹をくくったことで別人のようになりました。
 来週は次回予告からすると最終回みたいな雰囲気なのですがもう終わってしまうのでしょうか。
 演劇研究会はどうなってしまうのか、見逃せません。




 saint october 第21話


 これまたすごい展開に。
 例えるなら仮面ライダーの変身ベルトが壊されたような感じですね。
 展開としてはありだけど、放送話数も残り少ないこの時期にこんな展開しちゃって大丈夫なのでしょうか。
 そろそろクライマックスに突入すると思うのでこれからの進み方に期待です。




 ロミオ×ジュリエット 第7話


 ようやくジュリエットがキャピュレット家の人間であることを知りました。これでお互いに敵同士、許されざる恋をしているという状況が整ったわけですね。
 ティボルトと名乗るイケメンが何者なのか気になります。作画の乱れもちょっと気になるところです(汗)。

 それにしてもハーマイオニが完全にエレノアさん状態でかわいそうですね。
 ロミオに約束をすっぽかされて一人で花火を見ているシーンは泣けました。




 ラブ★コン 第8話


 ああ切ない、切ないなぁ(涙)。
 泣きそうでした。
 フッた、というよりはわからないから拒否した、という具合な大谷の答えはまあ理解できるものです。
 それはきっと小泉だって充分承知していたことで断られる可能性が大きいこともわかっていたのでしょう。たぶん覚悟していたのです。
 それでも、そうであっても“断られること”ってつらいのですね。自分の想いを拒絶されたわけですから。
 無理に笑おうとして涙をこぼす小泉がかわいそうでなりませんでした。

 ああ、本当に切ないなぁ。




 電脳コイル 第3話


 悪くないけれど何か物足りない感じ。
 どうも最近、目的意識のない主人公に共感を持てなくなってきています。
 何か漠然としたテーマ(テーマを定めないというテーマもあるかもしれないけれど)でもあればいいのですが、学園戦記なムリョウくんが楽しめなかった僕なのでここで止めておきます。




 英國戀物語エマ 第二幕 第6話


 ジョーンズ家が成り上がる昔話の回。
 こうやって父親の若いころを見るとウィリアムが爵位付属の縁談を無下にすることへの反対もわかる気がします。
 どれだけ頑張っても成り上がりとして陰口を叩かれてきたわけですから、金と同等以上に身分の大きさも理解しているはずです。
 それはメイドであるエマとの恋を許可しなかったことにも通じますね。
 まさに「親の苦労、子知らず」ではありますがウィリアムにはエマを迎え入れて幸せになってほしいと思います。
 来週も楽しみ。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
アクセスカウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
インフェリー
性別:
男性
職業:
社会人
趣味:
ラノベ、アニメ、映画、TCGなど。
自己紹介:
詳しいプロフィールは こちら を。Twitterはこっち
メールフォーム
blogペット
バーコード