忍者ブログ
ラノベやアニメ、映画、TCGなど。
[72] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65] [64] [63] [62]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 断章のグリムⅠ 灰かぶり (甲田学人/電撃文庫)


 「末子成功譚」とか懐かしい……。
 甲田のがっくん新シリーズはやっぱりオカルトなお話。このシリーズは「童話」をもとに話を展開させていくようですが、あとがきを見て思ったことがひとつ。
 「私はホラー系作家とされていますが、メルヘンのつもりです」
 嘘つけーーーっ!(笑)
 どう考えてもオカルトホラーですよ(笑)。メルヘンっていちおう童話をテーマにしてはいますけど、グリムを持ってくる時点でエグイ+ホラーですからね。まあそうしないと面白くないのは事実ですけれど。
 肝心の中身ですが『Missing』を楽しめた人なら問題なくいけると思います。淡々とした文章が醸しだすひやりとした恐怖とかは健在で、少しエグイのを我慢できれば充分楽しめます。
 あ、あと基本設定は『Missing』と似通ってはいるのですが、戦いなどでは異能力っぽい設定もつけられていて前作より派手さが期待できそうです。それが逆に足を引っ張ったりしないように願いつつ、次巻を待つとしましょう。

 5/28(日)読了
 評価:★★★★☆-



 カーリー ~黄金の尖塔の国とあひると小公女~ (高殿円/ファミ通文庫)


 _| ̄|....○

 そりゃないよ、高殿さん……。ヴィクトリアン・ラブストーリーで少女二人の表紙でしかもイラストが椋本さんで、僕は果てしなく期待していたんですよ……。なのにそういう展開とか、勘弁してくださいorz LNFでちょっと失礼っぽい(?)こと書いちゃったけどその仕返しがこれって、きつすぎです(泣)。素直な展開で書いてくれればマイベストになっていたのに。はぁ……。
 で、中身ですが、これはこれで確かに面白かったです。ああいった形だけどラブはあるし、行き先に不安材料たっぷりで盛り上がりそうですし。
 続きは買おうかなぁ。もうそっち方面での期待はできなさそうですが内容は悪くないですし、なによりイラストが椋本さんなので買うかもしれないです(やっぱりそこか)。

 5/28(日)読了
 評価:★★★★☆-
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
アクセスカウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
インフェリー
性別:
男性
職業:
社会人
趣味:
ラノベ、アニメ、映画、TCGなど。
自己紹介:
詳しいプロフィールは こちら を。Twitterはこっち
メールフォーム
blogペット
バーコード