忍者ブログ
ラノベやアニメ、映画、TCGなど。
[941] [940] [939] [938] [937] [936] [935] [934] [933] [932] [931]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 とある魔術の禁書目録14 (鎌池和馬/電撃文庫)


 吹寄のパンチラ! パンチラ!(黙れ)

 もう吹寄のサービスシーンでおなかいっぱいです。
 なんで僕のまわりにはこういう子がいないのでしょうか(そりゃあ次元の壁はありますが)。

 本編のほうは今回もご多分に漏れず、しっかり熱い展開でした。
 当麻が厄介ごとに巻き込まれるのもお約束で、フランスに連れていかれた当麻がやっぱり激しい闘いを繰り広げてくれました。
 また今回のヒロインでもある五和も活躍していてよかったですね。
 たしかまえに天草式十字凄教の話(たしかオルソラの回)でちょこっとだけ、当麻に気のある少女として登場していただけだったと思います(もしかしたら氷の軍艦の話のときだったかな?)。
 それがいまでは美琴なみのヒロイン候補として出番があるのはすごいことです(インデックスの出番とか、もう目が当てられません)。

 そして当麻の『幻想殺し』にはなにか隠されたものがありそうですね。
 主役を張るだけあって、まさか本当にただのレベル0というわけではないと睨んでいましたが、やはりなにか裏があるようです。
 この辺はきっと(記憶喪失)がネックなのでしょうね。
 『幻想殺し』だけでなく、当麻自体がどんな人間なのか。
 それでもって(記憶喪失であることを美琴に知られてしまって)いったいなにが起こるのか。
 続きが楽しみで仕方ありません。





 とある魔術の禁書目録15 (鎌池和馬/電撃文庫)


 あれれ、浜面ってこんなにかっこよかったっけ?

 あの浜面がなんだかめちゃくちゃかっこいい第十五巻。
 今回は前巻でフランスに出張していて当麻が不在だったときの学園都市での話。
 なので本来の主人公である当麻がいっさい登場しません。

 いちおう浜面が主役のような視点で物語は動きますが、厳密にいうと一方さんも主役と呼んでかまわないでしょう。
 この二人がそれぞれに今回の事件を追っていきます。
 そして互いに決着をつけるわけですが、一方さんは悪党として、浜面は弱者として守るべきものを貫いて闘う姿がかっこいいですね。
 とはいえ、浜面の場合は今巻かぎりの主役なのでしょうか。
 『グループ』のメンツはまだまだエピソードがありそうですが、彼はどうなのかなぁ。
 当麻とおなじレベル0でありながら、当面の目標には達したといえなくもないような。

 ともあれ、当麻の右手と一方さんのアレがさしあたっての謎ですね。
 結局、この二つが超気になります。


 追記:関係ないけど絹旗最愛の服装が可愛いですね。

 追記2:さらに関係ないけど口絵の見開きに漫画版超電磁砲の佐天涙子が歩いてますね。
 漫画版でもステイルや黄泉川が端々でちょこっと姿が映っていたりして、こういうのは無性にうれしくなります。

 追記3:そういえば今巻でレベル5の第一位から第四位までの詳細が明らかになりましたね。第二位のアレはどうも(魔術的)なものだったようですが、そうすると一方さんにも同じことが言えて、学園都市(アレイスター)はゆくゆくは(魔術を科学の延長として支配)するつもりなのでしょうか。

 追記4:いい加減にしろっていうくらい関係ないけど、芳川と黄泉川の親友コンビは名前が対比になっているのでしょうかね。ちょっと気になります。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
アクセスカウンター
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
インフェリー
性別:
男性
職業:
社会人
趣味:
ラノベ、アニメ、映画、TCGなど。
自己紹介:
詳しいプロフィールは こちら を。Twitterはこっち
メールフォーム
blogペット
バーコード