忍者ブログ
ラノベやアニメ、映画、TCGなど。
[912] [911] [910] [909] [908] [907] [906] [905] [904] [903] [902]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 な、なんだってー!(AA略)

 冗談はさておき。
 スカートとスラックスを選べる学校が増えているらしいです。
 でも男女ともにスラックス着用の義務化を図った学校もあるようで、個人的にはそれってどうなのだろうなぁ、と思いました。

 そもそも女性がスカートを穿くのは単純に女性らしさを出すためだったり、もしくは手洗いのときに楽であるといった理由からだと思います。
 で、女子の制服を完全にスラックスへ移行するというのは性差をなくそうという理念のもとに施行されていると思うのですね(確証はなし)。

 性差といえばとても広範な意味合いをもった言葉です。
 男女に違いがあればすなわち性差なのですから、それが差別的な意味をもたなくとも性差にあたるわけです。
 そして今回のような性差排除の指針について、僕個人の意見だとやりすぎではないかなぁ、と思います。
 まるで過度の言葉狩りを彷彿とさせるような、そういう気配があると思います。

 ぶっちゃけ本音をいえば「ズボンなんてかわいくない」から反対なのですが、この感覚は意外に大事なものだと思うのです。
 「かわいい」と思うのはそこに女性性があるからで、その女性性を消して中性(いわば無性)的に均一化しようとしているとも言えるわけで、それは女性の社会進出などとはまた違った次元の話なのではないかと思うのです。

 とどのつまり、穿きたいという人はスラックスを穿けばいいし、スカートを穿きたい人はスカートを穿けばいいのですよね。
 女子の制服をスラックスに固定なんていうことよりも、男子にもスカートを穿く選択肢を与えるほうが、まだ性差に関していうならば納得のいく議論だと思います(←いや、それはアリなのか?)。

 とりあえず、女子のスカートが拝めなくなるのはなんかいやだなぁ、ということで。
 おしまい。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
アクセスカウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
インフェリー
性別:
男性
職業:
社会人
趣味:
ラノベ、アニメ、映画、TCGなど。
自己紹介:
詳しいプロフィールは こちら を。Twitterはこっち
メールフォーム
blogペット
バーコード