忍者ブログ
ラノベやアニメ、映画、TCGなど。
[268] [267] [266] [265] [264] [263] [262] [261] [260] [259] [258]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 半分の月がのぼる空3 wishing upon the half-moon (橋本紡/電撃文庫)


 この終わり方はひどい。早く次巻を読まないといけないではないですか(笑)。
 加速していく物語、半月3巻。

 今回はかなりきついです(いちおう誉めてます)。
 前回まで――2巻のラストは別ですが――裕一と里香の内面に関して描かれていたのですが、今回から周囲の大人まで描写されるものだからとにかく暗いです。
 ただ暗いだけでなく、ひどく現実的で痛々しく、生々しいのですね。いつか裕一と山西が言っていた「大人になることに希望も夢も見出せない」という言葉を実際の登場人物を用いて描写した印象です。
 過去の何かに囚われつづける夏目。自分の適性と資質に疑問を抱く亜希子さん。都会を夢想し現実にぶつかる美沙子。
 一つ上の世代が先に大人になり、如何ともしがたい現実の大きさ、厳しさを味わって挫かれる様は悲惨でむごたらしいです。
 でもそこは大人なので割り切ってしまうのですね。現実なんてそんなものだ、と諦めをもって強引に前へ進むのです。
 そこがまだ「子供」である裕一や山西らと差別化して描かれているところなのですね。
 大人とはいえ、けっして強いとは限らないのが個人的に良かったです。

 ただ、大人の描写量が多い中、裕一も負けてはいません。里香の望みに従って彼女に尽くす姿も健気ですが、その一方で彼がただの17歳の少年に過ぎないことを思い知らされる話の展開には思わず呻いてしまいました。
 どれだけ背伸びしようと、良くしようとしても所詮はただの17歳。そこに救いはなく、甘えも許さないのは充分に痛々しかったです。あまりに無力で俗物で何もできない裕一が可哀想です。

 そして最後の追い討ちをかける『チボー家の人々』。ひび割れた裕一の心に里香の透きとおった気持ちが染み入るシーンはもう悲惨すぎて見ていられないです。

 誰もが心に傷を持ち、現実に打ちひしがれる痛々しさ。そんな感じの一冊でした。
 終わり方が凶悪なので4巻が楽しみなようで怖いような……。早めに読みたいです。


 9/14(木)読了
 評価:★★★★☆+
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
アクセスカウンター
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
インフェリー
性別:
男性
職業:
社会人
趣味:
ラノベ、アニメ、映画、TCGなど。
自己紹介:
詳しいプロフィールは こちら を。Twitterはこっち
メールフォーム
blogペット
バーコード