忍者ブログ
ラノベやアニメ、映画、TCGなど。
[987] [986] [985] [984] [983] [982] [981] [980] [979] [978] [977]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 さみしさの周波数 (乙一/角川スニーカー文庫)


 作風や挿絵の画風から、スニーカーとはいえラノベ以外のカテゴリにしました。
 初めての乙一さん本です。

 文章はふつうなのですがラノベっぽさがまったくなくて、例を挙げるなら滝本竜彦さんの「ネガティブハッピーチェーンソーエッジ」をさらに一般向けにしたような印象でした。
 短編集なのでそれぞれの寸評を。

 「未来予報」はとても(いい意味で)漠然とした物語でした。
 あるかもしれない、けれどないかもしれない。
 そんな未来がいつまでも心のどこかに引っ掛かった主人公の話で、単純にこれだけの内容でここまで書けるのか、と驚きました。
 最後で胸に詰まるものを感じました。

 「手を握る泥棒の物語」はこの短編集のなかでは明るい物語でした。
 壁を隔てて手をにぎりあう奇妙な関係は、「未来予報」の主人公と少女の関係に似たところがあるかもしれません。
 ちょっとしたトリックも利いていて、最後は清々しい気分になりました。

 「フィルムの中の少女」はホラーな雰囲気がただよう作品ですが、物語の構成がとても巧妙な短編でした。
 けっしてご都合主義なわけではなく、一人称のみで語られる物語がじょじょに本当の姿を現していく流れは非常にうまいと思いました。

 「失はれた物語」はただただ切ない話でした。
 どうにも抗えない状態に陥った主人公がどうしようもない展開を強制されて、仕方なくそれを受け入れるような。
 そういうやるせない読後感が残りました。
 これは「未来予報」にも通ずるところがあると思います。

 全体を通して、「未来予報」や「失はれた物語」のような作風が乙一さんの味なのかな、と思いました。
 どうしようもなく、やるせない。
 読み終えたあとにタイトルを読み返して、その意味がなんとなくわかったような気がしました。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
アクセスカウンター
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
インフェリー
性別:
男性
職業:
社会人
趣味:
ラノベ、アニメ、映画、TCGなど。
自己紹介:
詳しいプロフィールは こちら を。Twitterはこっち
メールフォーム
blogペット
バーコード