忍者ブログ
ラノベやアニメ、映画、TCGなど。
[986] [985] [984] [983] [982] [981] [980] [979] [978] [977] [976]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 ストライクウィッチーズ 天空の乙女たち1 (漫画:たなか友基 原作:島田フミカネ&Project Kagonish/Kadokawa Comics A)


 ストライクウィッチーズの漫画版、とはいっても三話で打ち切りになった漫画版があるらしいので(エロすぎたらしい)、厳密には漫画版二作目。
 アニメとは若干パラレルなストーリーのようですが、芳佳の性格や信条(戦争はイヤ)などは変わりません。

 内容ですが使い魔と契約するところはアニメ版ではありませんでしたね。
 九字兼定が芳佳の使い魔なのはアニメもいっしょだと思いますが、今回はその特性を説明するシーンで目がキラーンと光るサーニャのイラストに笑ってしまいました。
 あれはいいですね。
 坂本少佐も少しだけ登場しましたが、他のメディアで活躍しているウィッチたちをちょこちょこっと出してもらえると楽しさ倍増です。
 続きもはやく読みたいです。





 さんぶんのいち。 (松沢まり/MANGA TIME KR COMICS)


 表紙が女の子と女の子なので百合を期待して買ったら百合もあるのだけれど完全に百合ではなかった(←ややこしい)。
 恋のトライアングルな漫画です。
 とりあえず主要キャラ三人のうち、「楓」が男なのに驚きました。
 でも読みすすめていくうちに楓のキャラは好きになれたので、むしろ男でよかったと思えるようになりました。
 まああとがきにあるように、のっぽでクールな美少女楓もそれはそれで見たかったけれど、ね。

 話はけっこうスピーディで、葵の過去の少年が参入してまたなにかひと悶着ありそうですね。
 けっこうガチな葵のほうにも期待しつつ、わりと冷静で常識人な楓の動向も気になるところ。
 この場合、葵のほうが無理やりなことをしてしまいそうで心配かも。
 一人の少女を取りあう少年と少女。
 またひとつ、続きが気になる漫画に出会えました。





 屍鬼2 (作画:藤崎竜 原作:小野不由美/JUMP COMICS SQ)


 どんどん人が死ぬなぁ……。
 こんなに死ぬのに夏野編から先なんてあるのでしょうか。
 とりあえず尾崎が“伝染する”ことだけは突き止めたのでここから事件の解決へ向かっていくのでしょう。

 でも、どうだろうなぁ。
 正直、兼正たちのほうが圧倒的に優位なので夏野たちに立ち向かうことなどできそうにない気がします。
 うーん、はやく次が読みたいです。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
アクセスカウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
インフェリー
性別:
男性
職業:
社会人
趣味:
ラノベ、アニメ、映画、TCGなど。
自己紹介:
詳しいプロフィールは こちら を。Twitterはこっち
メールフォーム
blogペット
バーコード