忍者ブログ
ラノベやアニメ、映画、TCGなど。
[480] [479] [478] [477] [476] [475] [474] [473] [472] [471] [470]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 いぬかみっ! (有沢まみず/電撃文庫)


>「(前略)俺は露出卿だああ――! すべてを統べる裸体の貴族だああ――!」

 はっちゃけすぎです(笑)
 こんなに面白いとは思いませんでした。もっと早くに読んでいれば良かったです。

 電撃ロードショーに備えて読んだスラップスティックコメディ。
 内容は犬神使い一族の落ちこぼれである少年、啓太が犬神族でも問題児のようこと出会ってドタバタ……というラブコメです。
 話はけっこうオーソドックスでありながらも丁寧な展開で意外にまともなラブコメものですね。
 描写も中々しっかりしていてキャラも立っていますし、想像していたものより抜け目ない構成に感じました。
 しかし、上述のような壊れた話も混ざっているのがミソ(苦笑)
 イラストが少女漫画っぽい雰囲気なのにああいったお下品ネタをやるのはある意味すごいですね。何となく漫画のB.B.JOKERを思い出しました。
 おバカで変質的な話で最後まで突き抜けてしまうのに驚き、笑ってしまいました。こんな作品があったのですねぇ。

 一話完結っぽい形式な上に文章も読みやすいですし、続きがどうなるのか非常に気になります。

 追記:ずっと前から思っていたのですが、「犬神」というある意味デリケートな側面を持つ言葉を題材にするのってどうなのでしょうね。『Missing』でも「犬神」の話はありましたが普通に扱う分には平気なのかな。ちょっと気になりました。


 3/7(水)読了





 いぬかみっ!2 (有沢まみず/電撃文庫)



 “(ホモカニ)”ネタで呼吸困難になりかけました。
 これはやヴぁい(大爆笑)

 馬鹿馬鹿しいことを堂々とやってくれるスラップスティック・コメディ第二巻。
 三編ある短編のうち二本は非常に真っ当ないい話でした。
 犬神としての自覚の足りないようこのために送られてきたなでしこは可愛いですし、その仲間たちの行動、さらにようこの対応も裏の裏まで練られていて深いです。こういう後先までしっかりと考えてキャラを動かせることって基本だけど大事なことですよね。
 そしてもう一本の話はほろりとなりそうな追想話。この話を含め、はけの性格がずいぶん表された巻でした。
 最後に忘れてはいけない上述の話。
 普通にともはねのような陰謀は誰でも思いつけると思います。ですがそれをああいった風に仕上げてしまうのは本当に見事だと思いました。まあ下品ではあるので苦手な人は笑うどころか目を背けたくなるかもしれませんね。僕は死にそうなくらい笑いましたが(苦笑)

 途中のようこ、なでしこの伏字会話も気になっていたのに上のネタで吹っ飛んでしまいました(笑)
 ここまで笑かしてくれたのは『され竜』の「禁断の数字」以来かな? とにかく抱腹絶倒ものでした。
 手元にあるのは二巻までなのでロードショーまでに残りも手に入れて読んでしまいたいですね。続きが楽しみです。

 追記:そういえば主人公の啓太はビジュアル、性格的にどこか『悪魔のミカタ』の堂島コウに似ている気がしました。うん、何となく。


 3/7(水)読了
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
アクセスカウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
インフェリー
性別:
男性
職業:
社会人
趣味:
ラノベ、アニメ、映画、TCGなど。
自己紹介:
詳しいプロフィールは こちら を。Twitterはこっち
メールフォーム
blogペット
バーコード