忍者ブログ
ラノベやアニメ、映画、TCGなど。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 Yes!プリキュア5 VocalアルバムⅡ ~VOCAL EXPLOSION!~ (プリキュア5、工藤真由、うちやえゆか、宮本佳那子/Marvelous Entertainment Inc.)


 プリキュア5のボーカルアルバムも二枚目。
 本当は買おうかどうしようか迷っていたのですがようやく再入荷していたので手に入れてきました。
 歌が十曲で、それぞれのキャラソンが一曲ずつ、あまり毛色は変わっていませんでした。

 五人のキャラソンも集合した曲もテンポなどは前のものに似ていて、変わり映えがしないといえばしないかも。
 そうすると曲のよさが問題になってくるわけですが、うーん、かれんとこまち、りんはまだしも、のぞみとうらら、全員曲などはいまいちパッとしませんでした。
 前回の「プリキュアfly」がかなりよかったのでどうしても見劣りする印象は拭えません。
 その代わりEDテーマの「ガンバランスdeダンス(プリ5ver)」が収録されていたのは嬉しかったです。

 プリキュア5も新しくなり、人気次第では今年もキャラソンが出るかもしれません。
 そのときは、うーん、どうしようかなぁ。
 また似たようなものならあまり聞く必要もない気がしますが、思いきってガラッと曲調を変えてくれたらいいですね。
 こまちがロックとか、かれんが演歌とか、のぞりんうららでグループみたいに合唱したりとか。
 アイマスみたいな感じでいろいろやってくれれば、また盛り上がると思うのですが、どうでしょうか。
PR



 Yes!プリキュア5 VocalアルバムⅠ ~青春乙女 LOVE&DREAM~ (プリキュア5、工藤真由、宮本佳那子/Marvelous Entertainment Inc.)


 予備校に向かう前にアニメイトで取り寄せを頼んでいたものを回収してきました。
 全体的にいい感じです。
 プリキュアなので当たり前ですが前向きな曲調のものが多くて元気が出ます。
 プリキュアのなかではかれん様の「Heavenly Blue」がヴァイオリンの音色が高貴なイメージを醸していて素敵です。
 あとアニメのOP、EDもいいですし、「プリキュアfly」は歌詞に励まされます。

 ただ一つだけ残念だったのはこまちさんの歌声が明らかにこまちボイスでなくなっていることです。
 たしかにあの細く高い声で歌うのは難しいかもしれませんが、どうせなら曲もゆっくりなものにして多少なりとも似せる努力をしてほしかったです。
 それ以外はプリキュア補正もかかって最高なのでアルバムⅡが出るようならこまちさんの歌声を聴かせてほしいです。



 コードギアス 反逆のルルーシュvolume.8 (バンダイビジュアル)


 DVD八巻、20話から22話までの九州戦役と学園祭宣言、血染めのユフィを収録です。
 思えば九州戦役のときにエナジーフィラーの尽きたランスロットを捕縛してしまえばよかったのですよね。
 ブリタニア軍はスザクのうしろで控えていたわけで共同戦線を張ることに違いはないですのに。

 学園祭宣言ではルルーシュがさりげなくナイトメアの操縦ができる理由を言っていました。
 「去年までは俺の役だったのですが、さすがに本職にはかないませんね」とガニメデを使ってピザを焼いていたことを明らかにしています。
 それに閃光のマリアンヌ后妃の息子でもあるわけですから操縦能力が秀でていても不思議ではないですね。

 血染めのユフィは何度見返しても悲惨な回です。
 うっかりギアスとはいえ、ルルーシュが修羅の道を歩まなければいけない宿命にあることを突きつけてきます。

 ピクドラでは幼いルルとナナ、ユフィの話で可愛らしいものの、血染めのユフィのあとでは何とも悲壮感あふれる後味でした。
 あと今回はオーディオコメンタリーに湯川Pが登場、大盛り上がりでした(笑)。
 裏でネットギアスが大好きな僕にとってはとても楽しいコメンタリーでした。



 コードギアス 反逆のルルーシュvolume.7 (バンダイビジュアル)


 DVD七巻、17話から19話までの藤堂救出と神根島編を収録した巻です。
 戦闘や会話もよかったのですが、なんといっても神根島でのカレンのサービスシーン。えっと地上波放送で胸の先端って描かれてましたっけ?(汗)
 たしかヴィレッタさんしかポロリしていなかったように記憶していたのでかなり驚きました。何回も再生して確認してみましたがどうみてもポロリです(オイ)。

 それはさておき、スザクがパイロットだと気づいたときもそうだけどルルーシュはつくづく甘いのですよね。その辺りの非情さがないのはコーネリア様などとも通ずるところかもしれません。
 それと18話の極悪な引きを継いで19話のルルとスザクの対照的な図がおもしろいです。ルルの体力のなさはヘタレすぎてどうしようもないですね(苦笑)。

 次巻は九州戦役と学園祭、そして血染めのユフィになります。
 DVD組の人にとってはすごいところで終わります。つぎも楽しみです。


 あ、そういえばピクドラの男女逆転祭がいい具合にカオスでした(笑)。



 コードギアス 反逆のルルーシュvolume.6 (バンダイビジュアル)


 DVD六巻、14話から16話までのマオ編を収録です。
 面白いですねぇ。本放送が終わってから数ヶ月経ったというのもあってやたら楽しく感じます。
 セシルさんは過去に何かあったようですし、ロイドが食べていた料理もシチューにステーキ(?)を合わせたヘンテコなものでした。
 そしてシャーリーの話が最後とてつもなく切ないですね。リアルタイムで見たときは泣きそうでした。BGMの「Masquerade」も最高にマッチしていて自然と涙腺がゆるんでしまいます。

 さらに今回はピクドラがすさまじいですね。
 ネリ様のあでやかな水着姿も垂涎ものですが、それと並んでルルーシュとナナリーの会話が危険すぎます(笑)。
 “そういう意味”に聞こえてしまってもうニヤニヤ。
 こういうのはもっとやってほしいですね(オイ)。


忍者ブログ [PR]
アクセスカウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
インフェリー
性別:
男性
職業:
社会人
趣味:
ラノベ、アニメ、映画、TCGなど。
自己紹介:
詳しいプロフィールは こちら を。Twitterはこっち
メールフォーム
blogペット
バーコード