忍者ブログ
ラノベやアニメ、映画、TCGなど。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 ローゼンメイデントロイメント~Character Drama~Vol.1水銀燈 (Mellow Head)


 店頭で見かけてなんとなく買ってしまったドラマCD。
 うーん、微妙な感じ。
 水銀燈を中心にしているものの原作の表現をそのままドラマCDにした感じなので目新しさなどは皆無です。
 何か少しでも新鮮味が欲しかったです。





 レンタルマギカ 魔法使いの宴 (VICTOR ENTERTAINMENT)


 これはまた真面目というか、これ一枚で一冊分の長編を読んだような気分です。
 内容は純シリアスで40分くらいのドラマを4つに区切っています。原作と同じ雰囲気で書き下ろしなのでファンなら必聴かもしれませんね。これはいいです。
 今回の主役はみかんでしょうかね。その他のメンツも出張っていて、いつきもちゃんと活躍。
 面白かったです。





 レンタルマギカ 魔法使いのススメ (VICTOR ENTERTAINMENT)


>猫屋敷(CV.諏訪部順一)「社長、そんなに私の顔を見つめて好き好き言わないでくださいよ」

 いつきピーンチ!(爆笑)
 猫屋敷うほ疑惑の話で爆笑しました。お腹痛いです。
 というか諏訪部さんが演じるので艶があってとにかくエロい(苦笑)。

 前回がシリアス一辺倒だった反動か、今回はまるで短編集のような構成です。
 最初の数本はギャグ短編。アディリシアが可愛くて可愛かったです。
 後半はちょいシリアスな話。無難な展開できっちり纏まっています。

 個人的にはこういった原作では見れないギャグとかのほうが好きかもしれません。なんだか得した気分。あー面白かった。

 あ、それと気づいたのですが植田佳奈さんは関西弁の役に抜擢されまくりですね。





 おとぎ銃士赤ずきんキャラクターミニアルバム第1巻~赤ずきん・白雪姫・いばら姫~ (KONAMI)


 白雪の歌のために買ったのですがこれがヒット。ドラマが本編より面白くて困ります(苦笑)。
 セクシーな赤ずきんはギャグ。
 粗雑な白雪はなんだか間違っているような。
 小悪魔ないばら、これはイイ!
 そしてヴァルがおいしいところを持っていきますね。
 いいなぁ、こういう雰囲気。本編もギャグっぽいところはあるものの、こういうのは別物として楽しめますね。
 面白かったです。





 Harmonies* (時乃&律子/Lantis)


 ED曲よりも会長の歌う曲「Water Lily」目当てで購入。
 うん、良い感じ。
 ただアニメにしても曲にしても原作(時乃がキノコ好き)のほうが良質な気がするのは……禁句っぽいですね(汗)。
PR



 夢想歌


 アニメ「うたわれるもの」のOPです。なんとなく聞きたくなったので買ってしまいました。なかなかいい感じ。





 光の季節


 アニメ「あさっての方向。」のOP。こちらも頭から離れないので購入。
 そして「夢想歌」と一緒に手に取ってみてビックリ。
 なんと二枚ともsuaraさんという同一のアーティストさんが歌っていらっしゃいました。
 買うまで気づかないのもあれですが、こんな偶然があることも珍しいような。



 レミュオールの錬金術師 (犬と猫)


 無性にゲームをしたくなったのでやりました。
 晴れたり曇ったりシリーズ第2弾。
 ストーリーなんてほとんどなくて、ひたすら商品を売り捌いていくやり込み型経営シュミレーション。

 なかなか面白かったです。
 単純ながら多少の複雑さがあり、適度に頭を使って利益をあげていく過程は意外にも楽しめました。
 終盤はややダレてしまうのですが、序盤は資本金そのものがないので四苦八苦してお金をやりくりしていくのは楽しいです。ケチな人ほど楽しめるかも(笑)。
 クリアだけなら数時間で終わる短さですが完璧を目指すと果てがなさそうです。自分は10時間でクリア。

 気晴らしにはちょうどいい長さと濃さですね。
 第3弾もいずれやりたいです。



 最終神話戦争 イデアオペラ 第一章 罅割れたミュトス (賢プロダクション)


 何となく面白そうだったので購入。
 うーん、すごく普通でコメントのしようが……(汗)。
 とりあえず題名のような厳かな話ではなくて、題材に神話の神々を用いた普通のファンタジーものっぽい雰囲気です。

 シナリオは賢プロの声優さんが原案・構成をやられたみたいで、悪くはないのですが奇抜さの欠片もなく、普通のファンタジック・ストーリーで個人的にはちょっと不満。

 音楽も普通だったような。効果音がちょっとショボい?

 声優陣は当たり前ですが中々なものでした。ゼウスは渋いですし、アテナは可愛い。ハデスはもう少し低い声音のほうが良かった気がします。全体的に声は満足。

 そんな感じで重厚なファンタジーよりも声優さんを楽しむCDという印象でした。
 伏線や設定を考えると重たいファンタジーにはならなさそうなので2章、3章はかなりどうしよう状態。これがマンガやラノベなら継続なのですがドラマCDは値段が高くて困ります。
 プロメテウスとパンドラなど気になるメンツもいるので発売間近になったら考えることにします。



 METAL SAGA ~砂塵の鎖~ (SUCCESS/Crea-Tech)


 あのメタルマックスの後継作が発売されていたなんて!

 全方位系戦車RPG「メタルマックス」シリーズの正統な後継作が発売されたいたとは知りませんでした。一ファンとして恥ずかしいです。

 内容ですが、全方位系で何でもありなので物語の主軸的ストーリーはほぼ皆無。自由度極高で何をしてもいいし、何もしなくてもいいのです。実際いつでもEDを迎えられますし、その気になれば開始3分で終わらせることができます。やることは自分が決める、「やってる」感のあるRPGです。

 世界観は荒廃した近未来にモンスターがはびこる世界。モンスターは生物系に機械系、タンク系など独特な種類が目立ちます。人々はモンスターの影に怯えつつも密やかに暮らし、またそんな中、過去の遺物たる戦車を乗りこなしてモンスターを狩るハンターがいます。彼らは強力な戦車を乗り回し、凶悪なモンスターをなぎ倒すならず者です。また、特に悪名高いモンスターには賞金がかけられ、その賞金首を狙って旅をする賞金稼ぎでもあります。

 システムではロードが長いこととたまにフリーズすること以外はそこそこ快適でした。インテリアのプレゼントがちょっとギャルゲーっぽくなっていたり、意味のないネタアイテムが多数存在したり、ドラム缶を押したり(笑)「MMらしさ」とそうでない部分が程よかったと思います。

 音楽といえばやはりあれ。賞金首の戦闘BGMです。従来通りのあの音楽です。格好よくて痺れます。
 あとDr.ミンチの研究所のBGMは好きです(笑)。

 細かく挙げればキリがないのでこの辺まで。とにかく従来の「MM」をそのままの形で再構築したような印象でファンなら満足できそうです。まあ、もう少しシリアスで難しくても良かったとは思いますが(汗)。

 話によるとDS版でも新作が出ている様子。「FFⅢ」と併せてやりたいのですが、本体が高いです……。
 いつかやりたいなぁ。


忍者ブログ [PR]
アクセスカウンター
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
インフェリー
性別:
男性
職業:
社会人
趣味:
ラノベ、アニメ、映画、TCGなど。
自己紹介:
詳しいプロフィールは こちら を。Twitterはこっち
メールフォーム
blogペット
バーコード