忍者ブログ
ラノベやアニメ、映画、TCGなど。
[1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 1時間ほどJp稼ぎしてみましたがこれが結構きつかったです。同じ動作を延々と続けるものですから飽きが来ます。この分だと極めるのは大変そうですね……。
 いちおう考えているのは、

・サブイベントコンプ
・ディープダンジョンクリア
・アイテムコンプ
・儲け話コンプ
・主要メンバーLV99、ジョブコンプ
・アグリアスのステータスMAX

 たぶんやりやすい順番は

 儲け話 & LV、ジョブ
→サブイベント & Dダンジョン or アイテムコンプ
→アグ様最強計画

 こんな感じでしょうか。全部でどれくらいの時間がかかるのでしょうね……。苦痛にならない範囲でこなしていこうと思います。

 あ、あとラムザとアグリアスの二人旅は完全コンプのあとで最後のおまけみたいにやってみたいですね。
PR



 なんだかんだでクリアしてしまいました。
 合計プレイ時間は約44時間。まあまあの長さかな?

・仲間のジョブは昨日と変わらず。ただし最後の連戦はどのバトルも敵が強かったので本気ジョブで行きました。

ラムザ:アイテム士――回復&銃で攻撃
シルフィ:侍――拳術での回復&たまに攻撃
ジェニック:忍者――ひたすら二刀流で攻撃
ケイ:白魔――回復&「ホーリー」で攻撃
アグ様:ホーリーナイト――「拳術」で回復&「聖剣技」で攻撃

 こんな感じでラスボスまで突き進みました。LVは43~46。アグ様と忍者が強力でした。エクスカリバーで常時ヘイストの「聖剣技」と高スピードの二刀流&「見切る」の回避率。サクサクと敵を葬っていきます。
 そして白魔のホーリーも強くて、ラムザのエーテルと侍のチャクラでMP回復&どしどしホーリー。実質この3人で倒したようなものでした。

・なんだか終盤は敵が固定キャラばかりで装備・アビリティも強く、Jpを稼ぐ余裕はありませんでした。そのせいでちょっと味気ない感じに。

 いや~、終わりました。キャラはたくさん死ぬし最後のエンディングもちょっと後味が悪いといいますか、ディリータが可哀相にも思えますね。
 ディリータは表の英雄として、ラムザは裏の勇者として活躍したのですね。ディリータにはディリータの正義があって、それは人道的に見ればとても許されるものではないけれど、その実態を知らない民草にとってはちゃんと英雄に見えるのです。個人的にディリータの行為は許せませんがその行為自体は否定できないですね。悪ではあるけど必要悪というか、なければそれはそれで困るもののように感じます。
 一方のラムザはこの戦争の本当の姿を常に追い、真実を突き止めた勇者だったわけですが、その計略を未然に防いだために表沙汰にならず、人知れない裏の英雄になってしまったわけですね。エンディングを見る限りラムザ本人は幸せを取り戻せたような描写でしたが(代償は大きすぎましたが)事の一部始終を紐解いたプレイヤーの僕はやっぱり切ないです。
 最終的に2人は大きな流れに逆らえたことになるのでしょうか。特にディリータは難しいところです。お互いに信念を貫けたとはいえ、ディリータに幸せはなかったようですし。
 物語は重厚でとても面白かったです。音楽もグラフィックもシステムも文句なしで、あ……戦闘を回避できないのだけ面倒かな。まあそれ以外は満足でした。
 ただ、プレイしていて終始つきまとった後悔があります。僕は今作が発売された10年前から予備知識を持っていたので大まかな流れやキャラを知っていました。そのため面白さや満足感は得られたもののクリアしたときの身が震えるような感動は覚えませんでした。それとアグリアスに元々好感を持っていたのでストーリーを追っていくうちに徐々に惹かれる、ということもなかったのが至極残念。彼女への愛情は欠片も減りはしませんがちょっと勿体無かった気も。今さら後悔しても詮無いことですが。
 総じて傑作と呼べる作品だと思います。うん、やって良かった。
 いちおうクリアはしましたが、思い入れが半端ではないので行けるところまでやりこむつもりです。
 コンプリートとは別に、ラムザとアグリアスだけでストーリーを進める制限プレイもやってみたいですね。「ラムたんとアグ様のらぶらぶ道中記」とか(笑)。

 とりあえず初回はこれにて終了。さて、風呂入って寝ますか(遅っ)。



 週末の3日間でちょうど40時間のプレイ。よく頑張りましたね、自分(苦笑)。それでもクリアはまだちょっと先。まああと数回のバトルで終わりだと思いますが。
 以下雑感など~。

・物語は第4章のランベリー城城門前まで進みました。ここでもエルムドア侯爵の側近、セリアとレディの美女アサシンコンビに瞬殺される悲劇(汗)。仲間は出撃できるのでさすがにウィーグラフほど手も足も出ないということはないのですが「チャーム85%」、「ストップ100%」、「デス100%」、威力100ダメ剣を二刀流という反則級のお二人(涙)。これもきつくて攻略サイトを閲覧(←堪え性がないですね……)。大して攻略法があるわけでもなく、「アルテマ」をラーニングするのに大事なバトルらしいことが判明(それに全員を倒す必要はなくて二人のどちらかを倒せばいいとのこと)。さっそく味方のジョブを本気モードに変えて戦闘。すると意外にも戦えました。アグ様の「聖剣技」や忍者の「二刀流」(呪縛刀(付与ドンアク))+「精神統一」がかなり強力で、からくもラーニング、そして片方を撃破してバトル終了。まあ最初のときはアグ様がアイテム士だったり、ラムザが黒魔で打たれ弱かったり、ヘイストとスロウだけの成り立て時魔がいたり……そりゃ負けますわな(苦笑)。

・あー、あと書き忘れていましたが埋まっているアイテムは取ってないです。集めるとしたらクリア後もしくは2回目以降に攻略サイトを見ながらのつもりです。

・ラファを守る屋上での戦いではこちらが動く前にラファ瞬殺。何で救助されるゲストが敵陣(それも相当な手合い)に突っ込んでいくのですか(涙)。まあ2回目は逃げてくれたので何とかなりましたが。

・メリアドールの剛剣が強くてどうしようか迷ったのですが、ディフェンダーとシャンタージュを見逃すことに。永久リレイズとリジェネって後から考えたら絶対に取っておくべき強力アクセサリーでしたね。失敗した気分。

・べスラ要塞では南を選択。やたら敵が弱くて当たりだったのでしょうか?

・そしてエクスカリバーがキター!(決してオルランドゥとは呼ばない) 常時ヘイストで歩みが早歩きに。彼はFFシリーズ最強のシドらしく、ファイアーエンブレムのカレルばりに強すぎですね(つまり「剣聖」は強すぎるということ)。早くエクスカリバーをアグ様に装備させたいです。

・貿易都市ザーギドスの「花売りの少女」って思いっきりFF7のエアリスですよね。クラウドも出てきますし、エルムドア侯爵も見た目セフィロスですし。

・それと「Jp取得UP」のアビリティも外すことにしました。何というか全力で勝ち取って行きたいみたいな気持ちになったので(←よく分からん)。

・味方のジョブ変遷は、

ラムザ:黒魔
シルフィ(オリ女1):風水士→侍
ジェニック(オリ女2):竜騎士→忍者
ケイ(オリ女3):白魔→時魔
アグ様:ナイト→モンク→アイテム士

 こんな感じでLVは40前後だったかな。アグリアスはモンクでもアイテム士でも剣装備で聖剣技使いです(笑)。彼女にはこれしかないです。強力なのも理由ではありますが。
 ラムザは一向に黒魔を卒業できず。風水士はすべての技を覚えきると遠距離、MP消費なし、CTなし、100%命中、追加効果アリで意外に強いことが分かったのですが威力が低めで地形に効果が左右されるので確実性はイマイチ。その次の侍は「両手持ち」の威力がなかなか、「白刃取り」がかなり強いですね。あれだけで物理防御面は安泰。竜騎士は縦横それぞれマックスまでジャンプできるようになるとかなり自由自在に遊撃してくれますね。かなり強力。そして忍者がヤバイです。二刀流の威力に素早さ、何よりも「見切る」の尋常ならざる回避率。物理攻撃を受け付けません。白魔も長かったですが「ぶっちゃけアイテムで代用きくし、むしろアイテムのほうが使い勝手が良くないか?」とか思えてちょっと鬱。まあ白魔法のエフェクトやキャラの外見が可愛いくて好きなのでいいのですが。で、時魔はまだヘイストとスロウのみなのでこれから。アグ様は「剣装備可能」や「チャクラ」「波動撃」「蘇生」「地烈斬」など最低限のアビリティを覚えてアイテム士へ。近々クリアできそうなので最終決戦に備え使用可能アイテムを充実させます。「白刃取り」や「見切る」はクリア後か2回目ですね。

・物語はいよいよ終盤へ。二人の公爵のにらみ合いから始まった〝獅子戦争〟ですがただの戦争で終わりそうにありません。第3派の存在とそれすらも含めた巨大な流れ、それにディリータは抗おうとしているのですね。でもたぶん彼もまた大きなうねりの中に呑み込まれてしまいそう。果たしてラムザは抗うことができるのか、己の信じる道を貫き通すことができるのでしょうか。ベオルブ家の意気と志を継いで、信念のままに。アグリアスと共に(これは外せない)。

 さて、3日間でクライマックスまで来れました。あとは詰めるだけ。とりあえず1回クリアするところまで突き進みます。その後はそのとき次第で。
 平日の時間を縫ってプレイすれば……いえ、縫うほどの隙間もないのでまた週末ですね、やれるのは。何も課題やレポートがなければ木曜の夜あたりから再開予定。クリアするぞー。

 あ、今週分のアニメ全然みてないや……。まあ、1度クリアするまでは保留にしておこう。



 まとめて見られるように専用のカテゴリーを作ってみました(苦笑)。
 今日もなかなかの引きこもりっぷりでゲームしてました。

・ようやっとアグリアスが正式に仲間入り! これだけでやる甲斐があるというものです。途中参加なのでLVは低いものの、装備をしっかりさせると最前線で頑張ってくれます。さすがホーリーナイト。

・そしてアグ様の名台詞。
 「今さら疑うものか! 私はお前を信じる!!」
 この潔い啖呵が清々しいですね。もう最高。

・いちおう第3章のリオフォネス城城内でウィ―グラフ(やっぱり出た)を倒すところまで進行。

・で、この最後のウィーグラフとの一騎打ちがまさに死闘でした。遠距離攻撃で100%命中でHPのほぼ半分を一撃で持っていかれるのには驚きました。「あ、これ死んだらイベント進むんじゃない?」とか思いつつ、やられると普通にゲームオーバー。これは無理。歯が立たないという言葉が身に染みたので仕方なく攻略サイトを覗いてみることに。
 分かったことは、僕はどうやら便利なアビリティの数々を揃えていなかったのが敗因のようでした。たとえば「Speedセーブ」「MOVE+2」「精神統一」など。一面前のセーブデータに戻ってJp稼ぎ。そうして「MOVE+2」と「ためる」のモンクでなんとか倒せました。その後のベリアスも波動撃+地烈斬の2撃で撃破。ラムザ強い(苦笑)。

・「バリアスの谷」でアグリアス救助が勝利条件なのに、盗みに夢中でうっかりアグ様撃破。ゲームオーバーorz 猛省して2回目は丁重にお迎え、仲間になっていただきました。ごめんよ、アグリアス……。

・「ゴルゴラルダ処刑場」ってゴルゴダの丘が元ネタですね。キリストが処刑されたというあそこです。

・味方のジョブ変遷は、

ラムザ:モンク→黒魔導師
オリ1:モンク→風水士
オリ2:シーフ→竜騎士
オリ3:アイテム士→白魔導師
アグ様:ホーリーナイト→ナイト

 こんな感じでLVは30~33程度。
 風水士が印象的に強くなさそうだったので二手に分けました。黒魔法が中々強いです。風水士はこれから強くなるのかな? 斧の威力がランダムで使い勝手が悪い気も。そして弓、盗賊ときて竜騎士になったキャラはかなり強いですね。基本ナイトで幅を広げたような印象。ジャンプのチャージタイムが短ければ最強ですね。白魔はホーリーが強すぎ! 切り札にもってこいです。アグ様は何にジョブチェンジさせようか迷ったのですが、後衛が二人もいるので前衛職にしました。アビリティに聖剣技をつけるのでホーリーナイトと大差ない(笑)。やはり彼女は聖剣技を使ってこそのアグリアスなのかも。

・ストーリーは複雑化の一途。次から次へ新しい情報が入るので把握が大変です。現実の戦乱期もこんなに陰謀がひしめいていたのかしら。
 それと全体的に人が死に過ぎです(汗)。wikipediaに「もっとも血生臭いと言われることもある」という記事に納得。本当に救いがない。

 こんな感じで今日は終了。明日もゲーム頑張ります(マテ)。



 やっぱり我慢できませんでした。FFTに手を出してしまいました。
 ひとまず一回クリアしてみて、やる気があれば攻略サイト見て二周目以降もやるかも。
 とりあえずこれからの週末は本が読めなくなりそうです。
 あー、アグリアスかわいいよアグリアス。





 いちおう本日の出来事とか雑感。

・第2章の城塞都市ザランダでムスタディオを仲間にするところまで進行。

・いまだアグリアスが正式に仲間になってくれず。ゲストのアグ様は仲間もろとも聖剣技で吹っ飛ばしてくれるのが素敵。不動無明剣でラムザが瀕死になりました。

・敵キャラのウィーグラフが強かったですね。一撃死付与の北斗骨砕打で何度もやられました。あれは強い。それでも頑張ってウェポンブレイクしてやりました。あとは叩いて叩いて……。行方不明だから後でまた出てきそう。

・味方のジョブ変遷は、

ラムザ:見習い→ナイト→モンク
オリジナル(女)1:見習い→ナイト→モンク
オリジナル(女)2:見習い→弓使い→シーフ
オリジナル(女)3:見習い→アイテム士

 こんな感じで後はアグリアスが加わる予定。LVは大体18~20。
 上の二人をナイトにしたときはHPが2倍ほどになって「ナイトつえー」と思ったものの敵も同様に強くなったので差し引き0な感じ。それでも弓使いが意外なことに活躍してくれて大助かり。小高い丘からチャージ+5の長弓は凶悪です。そしてアイテム士もなかなか重宝。
 モンクになった二人の攻撃力には驚嘆。被ダメに唖然(苦笑)。でもチャクラと波動撃がやたら強いのでOK。接近戦では最強ジョブかも。

・あー、あと敵のブレイク系攻撃がきついですね。武具破壊は一撃死より重い。即リセットですし。

・ストーリーは世界観の作りこみが素晴らしいので重厚にして深遠。政治の権謀術数が渦巻くなか、ラムザは翻弄されず抗えるのでしょうか。明日も楽しみです。


忍者ブログ [PR]
アクセスカウンター
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
インフェリー
性別:
男性
職業:
社会人
趣味:
ラノベ、アニメ、映画、TCGなど。
自己紹介:
詳しいプロフィールは こちら を。Twitterはこっち
メールフォーム
blogペット
バーコード