忍者ブログ
ラノベやアニメ、映画、TCGなど。
[230] [229] [228] [227] [226] [225] [224] [223] [222] [221] [220]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 何となく思いついたのでつれづれと書き連ねます。

 よく「好きなことを仕事にできればやる気もでるし、楽しくていいよね」ということを耳にします。僕も今までこの考えに何の疑いも持たず賛同していたのですが、ちょっとした思い付きのおかげで疑問に思うようになりました。
 たとえば好きなこと、例を挙げるならイラストを描くことにしましょう。イラストを描くのが好きな人は暇なときに絵を描いて楽しみます。このとき、絵を描くことはただの趣味で実益はありませんが好きなことですので心は満たされるでしょう。
 そしてある出来事を契機にイラストを描くことが仕事になったとします(HP上で声を掛けられる等)。最初は意気揚々として仕事に着手するわけですが、そこは仕事。今までの趣味通りにはいかないでしょう。
 たとえば描きたくない内容でも描かなければいけなかったり、身体や精神が不調なのに締め切りが迫ったり、出来上がりにケチをつけられたり、それはもう数え切れないほどの困難が待ち受けているでしょう。
 仕事は労働の対価にお金をもらうことですので当たり前と言えば当たり前です。そしてそんな状況下でイラストを描くことを楽しめるでしょうか。もちろんここは人次第ですので一概に「楽しめる」「楽しめない」とは言えません。
 ですが僕からしてみますと、仕事としてイラストを描くことは趣味で描いていた頃よりも単純な意味で楽しむことができなくなると思います。ここでも本人の技量によって実入りが良かったり、たくさんのファンができたりと落差が大きいの言及はしません。ただし事は常に最悪のケースを想定すべきです(僕が悲観的なので)。
 こうなったとき、せっかく趣味で楽しく描いていたイラストを嫌々、しかも仕事ですので強制的に描かなければいけなくなります。これは不幸ではないでしょうか。好きだったことを仕事にしたばかりに趣味が苦行に変わってしまったら目も当てられません。
 ですので、本当に好きなこと、心から楽しめる趣味などは仕事にしないほうがいいのではないか? そう思ったわけです。

 つれづれといっぱい書きました(苦笑)。
 でもこれも一面においては真理だと思います。本人の技量、性格、反響、その他かぞえきれない要素が作用するので何とも言えないのですが。ただ確実に趣味を楽しみたいのなら、趣味は趣味のまま、楽しんだほうがいいような気がします。

 ホント悲観的ですね(汗)。あまり気にしないでください。自戒のようなものですので。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
アクセスカウンター
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
インフェリー
性別:
男性
職業:
社会人
趣味:
ラノベ、アニメ、映画、TCGなど。
自己紹介:
詳しいプロフィールは こちら を。Twitterはこっち
メールフォーム
blogペット
バーコード