忍者ブログ
ラノベやアニメ、映画、TCGなど。
[395] [394] [393] [392] [391] [390] [389] [388] [387] [386] [385]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 幸福喫茶3丁目1&2 (松月 滉/花とゆめコミックス)


 まさか男に萌える日がこようとは(汗)。
 そもそも少女マンガはちびまる子ちゃん以来で久しいのですが、タイトルと解説で惹かれたので読んでみました。
 ヒロインで明朗快活な潤、無愛想だけどお菓子作りの達人進藤、変人の一郎と三人が織り成すコメディが面白いです。一見、少女向けっぽい設定ですが内容はアットホームな優しさとちょいギャグがメインなので男性でも楽しめますね。
 そして、この無愛想な進藤が時たま見せるテレ顔が萌えます(苦笑)。男キャラなのにこれはこれでいいキャラなんですよね。しかめっ面の裏には優しさが隠れていて、たまにポロッと見せる素顔が和みます。
 続きが気になる良作。





 アンダー ザ ローズ 1冬の物語、2春の賛歌 (船戸 明里/BIRZ COMICS DELUXE)


 これは掘り出し物でした。ヴィクトリアンな雰囲気が素敵なちょっと腹黒い(?)19世紀イギリスの話。
 一巻主人公のライナスの悪逆っぷりは中々のもので、すんごい悪者に思えるのですがこれには裏があって、母親の死の真相に迫っていく過程は推理もののようで面白いですね。そして父親のロウランドを始めとした環境も面白い。正妻だけでなく愛人も登場するのが時代背景に合っていますし、その中で渦巻く陰謀とか、思いがけない手掛かりとか、一つ一つがパーツになって真相を隠しているのが奥深いです。
 二巻ではライナス編に決着がつき、次の主人公、家庭教師(ガバネス)のレイチェルと次男坊のウィリアムに移ります。これはまだ途中なので続刊を読まないとどうなるか分かりませんね。ただどうにも裏のありそうなウィリアムの動向が気になります。ライナスとは違ったタイプで厄介な奴っぽいです。レイチェルの奮闘に期待。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
アクセスカウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
インフェリー
性別:
男性
職業:
社会人
趣味:
ラノベ、アニメ、映画、TCGなど。
自己紹介:
詳しいプロフィールは こちら を。Twitterはこっち
メールフォーム
blogペット
バーコード