忍者ブログ
ラノベやアニメ、映画、TCGなど。
[32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 キーリⅣ 長い夜は深淵のほとりで (壁井ユカコ/電撃文庫)


 ハーヴェイの出番が少ない……。仕方ないとはいえ、少し物足りないです。一年半も経過してちょっと大人っぽくなったキーリと「彼」、相変わらずのハーヴェイとベアトリクスなのですが、最後のほうで見せたハーヴェイの決意が良かったです(またハーヴェイか)。(ネタバレ反転)今までの優柔不断とも言える情けなさはもちろん彼の味だったのですが、そんな状態から見事に脱却。一転してキーリの思いに応える覚悟を決めたハーヴェイがたまらなく格好よかったです。もちろんキーリも決然とした態度を示していて格好よかったです。また今回再登場したユリウスも見違えましたね。ただのお子様だったのが立派な男になって帰ってきました。それでも兵長と並んで脇役の立ち回りになるのが可哀相でもありますが(苦笑)。
 これからもつかず離れずの関係を保つことに……ならない気がビンビンにするのですが(汗)しっかりと泣かせてくれそうなのでこの後の展開にも期待です。

 追記1:イースタベリとかノースハイロとか、できれば地図が欲しいです(←地理感覚皆無)。

 追記2:(ネタバレ反転)そういえば二回目に掃除夫が出てきたのは何だったのでしょう。一回目の後に死亡したとありましたし、亡霊だったのでしょうか。理解が及びませんでした。

 5/4(木)読了
 評価:★★★★☆



 キーリⅤ はじまりの白日の庭(上) (壁井ユカコ/電撃文庫)


 うわー、続きが超気になるー、という終わり方をしてくれた五巻(上巻)です。今回はいきなり兵長の話でぐっときたり、本筋の大事な話が進んだりしましたが、何よりも注目すべきはキーリとハーヴェイのラブコメっぷり!
 ちょっと言いすぎかな。青臭い雰囲気と言いましょうか、見ていて思わずニヤニヤしてしまういそうになる場面が良かったですねー(笑)。ハーヴェイのさりげなくうぶなところとか悶絶ものでした(←完全にハーヴェイスキー)。
 まあラブの部分は置いておきまして、実際にストーリーがどしどし進んでいます。話としてはハーヴェイが全ての厄介ごとをまとめて解決する方向になるのでしょうかね。まだよく分かりませんが不死人そのものについても話が及んできていますので、そろそろクライマックス突入という感じでしょうか。あー、続きが楽しみです(苦笑)。

 5/4(木)読了
 評価:★★★★☆+
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
アクセスカウンター
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
インフェリー
性別:
男性
職業:
社会人
趣味:
ラノベ、アニメ、映画、TCGなど。
自己紹介:
詳しいプロフィールは こちら を。Twitterはこっち
メールフォーム
blogペット
バーコード