忍者ブログ
ラノベやアニメ、映画、TCGなど。
[37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 キーリⅨ 死者たちは荒野に永眠る(下) (壁井ユカコ/電撃文庫)


 _| ̄|○

 始まって三十ページ目で特大のショックを食らいました。開いた口が塞がらないって本当にあるのですね。いえ、もちろんそういう展開になってもおかしくないことは重々承知していました。そういうポジションでもありましたし。でも実際にそのシーンに出くわすとショックが大きいですね……。十分ほどボケーっとしちゃいましたよ(泣)。
 で、最終巻だったわけですが無難に終わってしまった感じです。もちろん面白かったですしキーリにとって最善のエンディングだったのかもしれないけれど、でももっとビシッと締めて欲しかった気がします。贅沢な注文ではありますが。
 シリーズ通してキャラクターの魅力が丁寧に描かれていて、また世界観とのマッチが素敵でした。次回以降の作品も読んでみたいですね。

 5/7(日)読了
 評価:★★★★☆+



 Holy☆Hearts! 明日を信じる、こころです。 (神代明/スーパーダッシュ文庫)


 キーリ最終巻で受けたダメージを癒すためにホリハ3巻でHP回復です。
 このシリーズは毎回思うのですがキャラが多すぎますよね。描写しきれていないのにたくさん出すから誰が誰やら……。
 それと今回もその傾向があったのですが裏設定を出しすぎな感じ。今巻でいえば(フェリカさんの過去話)とか明らかに脈絡なくて完全に浮いてました。他にも細々とした設定の切れ端が見えるのですが無茶苦茶に伏線を張りまくっているように見えてしまってなんだかなぁ、って感じです。まあのんびり~まったり~な作風からして特別な意味はないのでしょう。作家さんの顕示欲っぽくて引っかかるけど気にしない方が良さそうです。
 と、偉そうなことを書いちゃいましたが基本のまったり感は健在でしっかり癒されました。ストーリーも時間の経過と共にいちおう進んでいるみたいです。それはそれでほんわかコメディとして進めば文句ないのですが、なにやら不穏な雰囲気を残して終わっているのがちょっとだけ不安かも。この作品にシリアスはいらないのでまったり路線で行ってほしいです。
 あ、余談ですが、作中の文章ではしっかりと「ない」と書かれているのに対して、イラストだとキュノにしっかりとした胸のふくらみが(以下自主規制)

 5/7(日)読了
 評価:★★★☆☆+
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
アクセスカウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
インフェリー
性別:
男性
職業:
社会人
趣味:
ラノベ、アニメ、映画、TCGなど。
自己紹介:
詳しいプロフィールは こちら を。Twitterはこっち
メールフォーム
blogペット
バーコード