忍者ブログ
ラノベやアニメ、映画、TCGなど。
[377] [376] [375] [374] [373] [372] [371] [370] [369] [368] [367]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 銀盤カレイドスコープvol.8 コズミック・プログラム:Big time again! (海原零/スーパーダッシュ文庫)


 高まる緊張と焦燥。頂点に立つのは――。
 遂に始まったバンクーバー五輪。連続刊行前巻こと第8巻。

 7巻をタズサの修練回とすると今回は頂上決戦一歩手前な感じ。桧舞台を目前に控えた面々の様子が鮮明で、「ああ、近づいてるなぁ。終焉が」とついつい慨嘆してしまうほど(いや本当に)。
 そして高鳴る心音を抑えながら舞台に上っていくタズサ――

 あーダメです。何を書いてもネタバレになりそうで具体的なことが書けない(汗)。
 言えることは終わりが近づいていること、タズサの心情描写が真に迫っていること。
 ただひたすらタズサの勝利を祈って次巻へ――


 11/30(木)読了
 評価:★★★★☆+





 銀盤カレイドスコープvol.9 シンデレラ・プログラム:Say it ain`t so (海原零/スーパーダッシュ文庫)


 感想は一言で充分ですね。

 最高だった。

 スポ根フィギュア小説最終巻。
 あえてちょこちょこ書いてみます。

 前回の終わり方からしてどんな展開が待っているかと思ったら、そこまでやるかというほどの徹底ぶり。これはすごいです。もうホント、数分間放心状態でした。いつ(夢オチが提示されて本当の五輪が始まるのか)、本気でそう考えましたが予想は裏切られてあの展開。胸中で「やばいやばいやばい」ってずーっと叫んでいましたからね(苦笑)。
 それでもってあの続け方であの展開。最後のラストシーン、(タズサがゾーンに踏み込む)場面から(リアの自信が崩れてボロボロになり、結果発表される)ところまで、読者の僕も恍惚状態でした。涙腺が緩んで本を持つ手が震え、頭の中が真っ白になるような感動で倒れそうでした。いや、倒れこみました、布団に。息もできない感動に揺さぶられてまともな思考も吹き飛び、ただただラストに感動するだけ。最高でした。

 あんまりグダグダ言っても僕の拙い語彙力ではこの感動を表せられないので締めます(苦笑)。
 あ、でも最後にシリーズ全体への感想を(ネタバレしないと語れませんね)。
 この話はタズサが主人公でたくさんの知人に支えられ、それ以上に多くの敵に仇なされ、そしてそして、(タズサとピート)で始まり(タズサとピート)で終わる物語だったと思います。最後のあのラストシーン、(シンデレラタズサが一緒に踊っていた王子さまがピート)に思えて仕方ないのです。少なくとも僕はそう信じています。
 このシリーズに出会えて本当に幸せです。この上なく面白かった。お疲れ様でした!


 11/30(木)読了
 評価:★★★★★
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
アクセスカウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
インフェリー
性別:
男性
職業:
社会人
趣味:
ラノベ、アニメ、映画、TCGなど。
自己紹介:
詳しいプロフィールは こちら を。Twitterはこっち
メールフォーム
blogペット
バーコード