忍者ブログ
ラノベやアニメ、映画、TCGなど。
[1501] [1500] [1499] [1498] [1497] [1496] [1495] [1494] [1493] [1492] [1491]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




「剃刀の刃」

 哲学的な映画だなぁ。
 1984年アメリカ製作、劇場未公開。
 貴族社会の飾られた煌びやかな生活に本当の幸せや生きている意味があるのか分からなくなった男の話。
 展開は速いけど味があって面白かった。
 題材も展開もおもしろいけどあまり起伏がないせいか単調な印象を受けた。でも本作は切った張ったのアクションではないのでそこは仕方ないか。
 彼とその親友が対照的な人生を歩んでいくのがおもしろい。両者に起こる出来事に関連性があったほうがいいかとドラマティックかと思ったけど、そういう映画でもない気がする。
 生きることとは何か、幸せとは何か。
 そして最後に主人公が帰っていくシーン/帰る場所にさまざまな出来事を経て導き出した彼の答えがあるように感じられた。
 派手さはなく淡々としているが人生に疲れたときや迷ったときに見るとまた違った味わいがあるのかもしれない。


 追記:主演のビル・マーレイという俳優さんがどこかで見た顔だと思ったらゴーストバスターズの人だった。しかも本作と製作年が同じという偶然。



「ドラえもん のび太の恐竜2006」

 上の映画を超夜更かしして観終えたらテレビでやっていたのでそのまま視聴。
 映画第一作のリメイク作品。けっこう面白かった。
 どうしても前の声優陣のイメージが残っているのではじめは違和感があるのだけど、これはまったく新しい「ドラえもん」というアニメなのだと認識をリセットすると普通に楽しめた。

 表情豊かでよく動くし、恐竜たちの雄大な姿には息を呑む。
 派手なシーンは派手に揺れて、ラストは結末がわかっていても目頭が熱くなる。
 オチがわかっていても良いと思えるのは、それが普遍性のあるテーマであったりそこに至るまでの道のりに充分な説得力があるからなのだろう。漫画の大長編を読んでみても描かれているテーマ、のび太たちの意思、結末にたどり着くまでの道すじが完成されているように思う。
 それと絵面のことでしずかちゃんがサザエさん的な女の子ではなくオタク的な目線から見て普通に萌えるような可愛らしいデザインになっていて驚いた。
 CMでやっていたリルルもかわいい。
 映画としてしっかり面白かったので鉄人兵団もちょっと見たくなった。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
アクセスカウンター
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
インフェリー
性別:
男性
職業:
社会人
趣味:
ラノベ、アニメ、映画、TCGなど。
自己紹介:
詳しいプロフィールは こちら を。Twitterはこっち
メールフォーム
blogペット
バーコード