忍者ブログ
ラノベやアニメ、映画、TCGなど。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 オペラの古典を劇団四季が映画として演じた作品、でいいのかな?
 ちょっと眠たかった。面白いかどうかでいえば面白いほうなのだけど、ミュージカルとはぜんぜん違うんだね。音楽に乗せてノリノリで楽しむというところまでいかない作風で、普段オペラとかとは無縁の身をしてはやや退屈に感じた。
 でもあのしゃべり方はちょっと癖になりそう。
PR



 意外といったら失礼だけど面白かった。
 テレビ番組を制作するADのヒロインがドジやって怒られたり、人間関係にやきもきしたり、イケメンに胸をときめかせたりする日常暴露話っぽい体裁の映画。
 テンポが良く、話がサクサク進むのでストレスを感じなかった。
 ヒロインの一喜一憂に感情移入できて、最後はやや都合のいい感じな展開なんだけど(これは実話……じゃないよね?)まあいっかで納得できちゃういい意味での軽さがある。面白かった。



 面白いなぁ。
 壮大なスケールの超大作とかそういうのではなくて、こぢんまりとしているのに込められたテーマが明確でしっかりまとまっているのが良かった。
 ストーリーは端的にいうと犯罪者を私刑に処す男の話でそれ以上も以下もない。
 簡潔で無駄がなく、最後の言葉が印象に残る。狼よさらば。



 僕もペネロペ・クルスにオントップされたい。
 上にならないと気が済まない料理好きな女と陽気で歌が好きな男のラブストーリー。
 なかなか面白かった。
 ファンタジーな設定もあるのだけど、ヒロインの魅力と料理でいろんな人を幸せな気分にしていくところが好き。香りの演出が良かったな。
 甘々というわけじゃないけど、基本的にハッピーエンドに向かって喧嘩して後悔して仲直りして喧嘩して、ぐちゃぐちゃしつつもあるべき(視聴者が望む形)に落ち着いていくのは見ていて落ち着く。
 主導権取られまくるのは男側としてはツラそうだけど、情熱的で和気藹々とした恋愛っていいねぇ。



 すごく面白かった。
 甘酸っぱい青春時代の恋愛というと「耳をすませば」(こちらもジブリ製作)を思い出すけど、あれよりももっと複雑で酸っぱく、けれど見終わったときに清々しい気持ちになれるのが良かった。
 話の見せ方というか流れが綺麗だったのかな。ひと昔前の昭和っぽい雰囲気もあってノスタルジックな感じもいいね。


忍者ブログ [PR]
アクセスカウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
インフェリー
性別:
男性
職業:
社会人
趣味:
ラノベ、アニメ、映画、TCGなど。
自己紹介:
詳しいプロフィールは こちら を。Twitterはこっち
メールフォーム
blogペット
バーコード