忍者ブログ
ラノベやアニメ、映画、TCGなど。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 学園黙示録HIGH SCHOOL OF THE DEAD 3&4 (作画:佐藤ショウジ 原作:佐藤大輔/Kadokawa Comics Dragon Jr.)


 つくづくおもしろいなぁ、この漫画は。
 三巻は高城家にたどりつき、一時の安らぎを得る一行ですがそこには新たな問題があり……という感じでどちらかというと精神的な話になりました。
 疲れと安らぎのバランスがよく描かれていて、たしかに実際にこうなったらそうなるのだろうなぁと感心しました。

 そして四巻はもう毒島先輩に尽きます。
 僕のなかでは先輩がヒロインです。
 あの孝の言葉は先輩に理由を与え、自ら罪をかぶると共に先輩にも罪を負わせることになるのですよね。
 それこそ罪なことですねぇ。

 現実なら三巻で高城家についたときに冒険は終わる(終える)のが普通なのでしょうが、それでも前に進むのが彼らで。
 いっそう強まった絆でむかう先になにが待ち受けているのか、楽しみです。





 BLACK LAGOON 008 (広江礼威/SUNDAY GX COMICS)


 うーん、なにがなにやら……。
 前巻の話の続きなのですが勢力関係がごちゃごちゃしていてよくわかりません。
 ガンスリの五共和国派とかのほうがまだわかるくらいで、話がどう進んでいるのか把握しきれませんでした。
 これはロベルタ、ロベルタが雇った地元民+α、逃げる米軍(フォックス)、ロベルタを追う(?)米軍、ロベルタを追うコロンビア派キューバ兵、ロベルタ&米軍を追うモスクワ、そしてロックたち。
 ということでいいのでしょうか。
 かなり複雑です。
 話が壮大なのはいいのですが、もうちょいわかりやすい構造でドンパチしたほうが爽快な気が……うむぅ。

 あ、ロットン・ザ・ウィザードは素敵(クール)。





 屍鬼1 (作画:藤崎竜 原作:小野不由美/JUMP COMICS SQ)


 気になっていたホラーっぽい作品。
 一巻まるまる使って話はぜんぜん進まず、あくまで下準備を終えたという感じです。
 でもこの感じだとゾンビものというよりは吸血鬼ものっぽい感じなのかな。
 死んだ人が甦るとか、招待されるシーンをとくに強調して描いていたりとか。
 たぶんそういう話なのではないかなぁ。

 進度は遅いけどわりとおもしろいので二巻も読んでみたいと思います。
PR



 学園黙示録HIGH SCHOOL OF THE DEAD 2 (作画:佐藤ショウジ 原作:佐藤大輔/Kadokawa Comics Dragon Jr.)


 裸エプロン! 裸エプロン!

 毒島先輩が麗しくて鼻血が出そうです。
 優しく厳しく、かっこいいですねぇ。

 〈奴ら〉から逃げ、戦うHOTD第二巻です。
 今巻はさほど地理的な進展はないのですが、前巻の学園内編から今度は街レベルで異常を描いています。
 また警察などの公的機関にも手に負えない様子があって、いかに世界規模で混乱が起きているかがわかりました。
 それと逐一描写される孝の独白は(とくに今巻のアレは)今後の展開を示唆するものとなりうるのでしょうか。

 また今回はサービスシーンがあって、これが男としては名状しがたいくらいに素晴らしいものでした。
 高城もいいけど、やっぱり毒島先輩が素敵です。
 こんな先輩がいたら是が非でも後についていきたいですね。

 さらにロリっ娘小さな女の子も加わりましたし、あの紫藤はいつか敵になって現れるのだろうなぁ、とか思いつつ。
 はやく、次の巻が読みたいです。





 ボインボン (土居坂崎/Birz Comics Giga)


 なんというギャグエロ(爆笑)。
 さまざまな作品に影響を受けているのがよくわかって、かなり容姿の似たキャラが出てきます。
 基本はオリジナルだけどそのオチが毎回妙なもので、良くも悪くも面白いです。
 とにかく全編通して先端への執着がすごくて、まるでストーリーとか理性じゃなくてひたすら欲望で書き殴っているようなパワーを感じました。
 ある意味すごい作品なのかもなぁ。



 とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲02 (作画:冬川基 原作:鎌池和馬 キャラデザ:灰村キヨタカ/DENGEKI COMICS)


 うっかり木山お姉さんが素敵。

 木山春生は禁書らしいキャラですね。
 一巻のグラビトンの犯人もある意味で人間らしい、欲望に負けたキャラでしたが、木山は何らかの目的のために行動しているわけで。
 禁書(原作小説)に登場する悪役もそのほとんどがなにがしかの理由をもって闘っていました。
 芯から悪に染まった悪役ではなく、あくまで果たしたい目的のためにやむをえず人道から外れた方法を取る。
 敵がただの敵に留まらないところがいいですよね。

 逆にいえばもっと純粋に、私利私欲のために悪事をはたらくキャラクターも出てきてほしいですね。
 原作に限れば木原や飛行機から落とされたシスターの人がそれに当たるのでしょうか(記憶が曖昧)。

 ともかく。
 話も佳境に入ってきましたし、ところどころで笑える箇所もあって楽しかったです。
 原作小説ともども、続きがとても楽しみなシリーズです。





 学園黙示録HIGH SCHOOL OF THE DEAD 1 (作画:佐藤ショウジ 原作:佐藤大輔/Kadokawa Comics Dragon Jr.)


 前にちょろっと見かけて気になっていたのですが、一巻だけ読んでみました。
 ゾンビから逃げまどう学生たちの物語です。
 これは面白いですね。
 設定はよくあるものですが、ゾンビ発生の理由はひとまず置いといて、とにかくスピード感を殺さずにストーリーが進む進む。
 この速度が爽快です。

 ゾンビに噛まれたら感染→ゾンビ化だけど、倒したときに奴らの血を一滴でも口に含んでしまったら?とか、そういう細かいツッコミはナシです。
 細かいところは脳内補完して、仲間と協力して逃げつづける彼らの姿を純粋に楽しむタイプの漫画ですね(コードギアスの楽しさに似てるかも)。

 メインキャラは揃い、怪しげなキャラも登場し、ここから大きくストーリーが動きはじめそうなところで終わっています。
 非常にいいところで終わっていますね。
 すごく、続きが読みたい。
 近いうちに二巻も読もうと思います。



 ♭38℃ Loveberry Twins (月野定規/MEGASTORE COMICS)


 僕はそれほど特殊な性癖があるわけではないのですが、この漫画のおかげでお尻が好きになりそうです(マテマテ)。
 双子の女の子にいじめられている少年が実はすさまじく絶倫で、逆に……という話なのですが、これがエロくて面白いです。
 単純にエロいだけではなくて、双子の抱く微妙な気持ちを描きつつも少年の気持ちをうまい具合に揺さぶっていくのがいいですね。
 駆け引きというか、体を重ねるコミュニケーションを通して三人のこころが動いていく様子がよかったです。
 なにより、すごくエロかったです。
 二次元限定ならこういうのも悪くないかも。





 ひくひく悶絶大全集 (唄飛鳥/LE COMICS)


 タイトルの“ひくひく”にものすごい吸引力を感じる(自重せよ)。
 上とおなじ傾向の作品です。
 べつにお尻好きというわけではないのだけど、かなり抵抗はなくなってきたかも。
 でも本作はちょっと汚いところまで描写しているのが個人的に、うーん……。

 話のほうは短編連作形式で、「お犬様委員」と「くせになりそう」がよかったです。
 特に後者はセリフと流れが楽しくて、作者さんのセンスが光るエロでした。
 あとは「箱女」が男なら誰もが妄想する(?)エレベーター痴漢もの。
 普通にエロかったけど、正直アレに関しては無色透明にしてほしかったなぁ。





 絶体絶命教室 (ゴージャス宝田/MEGASTORE COMICS)


 楽しかった!
 エロ漫画である以上、もちろんエロいシーンもたくさんあるのですが、エロよりもストーリーに重きを置いている感じでした。
 そしてその話の構成がいいのですよね、とっても。
 直接的なエロさよりも、キャラクターの内面やところどころでクスッと笑える小ネタがとてもいい味を出しています。
 やっていることは最低なのに妙に連帯感があって、見ていてすごく楽しそうなのです。
 メインの連作だけでなく、短編の二本もオチがしっかり利いていて切なくなったり心が温まったり……。
 エロいことはエロいのですが、それ以上に物語としておもしろい漫画でした。
 もっとこの漫画家さんの作品を読みたいなぁ。



 ドロテア ~魔女の鉄槌~6(完結) (Cuvie/Kadokawa Comics Dragon Jr)


 終わってしまいました。
 話としては無難というか落ちつくべきところに落ちついたという感じ。
 最後がややあっけない印象なのがちょっと惜しいです。
 それにしても連隊長の恋人の人とか、コンラートなどもいいキャラでした。
 個人的にはやはりギュルクが好きでしたね。
 一心にドロテアのことを想っても一人で彼女は突っ走ってしまって、それを追いかける姿が健気でした。
 一つだけ苦言をいうなら各勢力とそれぞれの関係がもうちょっとわかりやすければよかったかなと思います。
 それでも好きな漫画が終わってしまうのはやっぱり悲しいなぁ。





 コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー3 (作画:たくま朋正 ストーリー原案:大河内一楼/谷口悟朗/Kadokawa Comics A)


 マオが女の子になってるうううっ!
 それに絵が上手くなっていますし、アリスとナナリーが意外に百合百合……。
 ああ、本編と並んでおもしろいぞー!

 悪夢ナナリーだと細かいところが違うだけなのかと思っていましたが大きな間違いでした。
 番外というよりは別物ですね、これは。
 ルルーシュがあんな形で現れたり、C.C.の謎が明かされたり、そしてC.C.とルルーシュの関係が非常に気になります。
 枢機卿であるルルーシュはいったいC.C.をどうしたいのか。
 どういう展開を迎えるのかまったく予想できません。
 続きが気になって仕方ないっ!





 悪魔とラブソング4 (桃森ミヨシ/MARGARET COMICS)


 亜由は曲がったことは間違っているとわかる子なのですね。
 いじめとかは正直どうかと思いましたが根っこで忘れてはいけないものをちゃんと持っていてよかったです。
 それと目黒がもうなんか男ツンデレとして萌えてしまうといいますか(苦笑)。
 いいなぁ、こういうキャラクター。
 ハナや担任は大嫌いですが、この終わり方を見るかぎりクラスにおける不和の問題はなんとかなりそうです。
 あとはマリアの過去と、目黒&優介の話ですね。
 どういう展開になるのか楽しみです。





 初恋姉妹3(完結) (画:東雲水生 原作:津ノ守坂ソロリティ キャラ原案:ひびき玲音/Yuri-Hime COMICS)


 微妙に駆け足っぽく感じましたが、女の子同士の初恋物語もめでたく完結。
 個人的には勅使河原さんが救われたのが一番よかったですね。
 ああいう堅物で意地っ張りな子が元気な子に振り回されるのって好きなのです。
 もうすこし勅使河原さん周りをいろいろと描写してほしかったなーと思いますが、なによりハッピーエンドで終わったのでそれで良しとすべきなのかも。
 またこういう王道をいく百合ものが読みたいです。





 まじかるストロベリィ7 (まつもと剛志/JETS COMICS)


 ずいぶん動きましたね。
 肝心なところは描写されていないのですが、光太をめぐる日夏とまりもの女の戦いはどうやら日夏に分があるようで(さすがヒロインです)。
 思えばもう七巻目で、キャラクターも増えてきましたがどこがゴールという明確な終了条件はないのですよね。
 あるとすれば光太が大学を卒業することでしょうか。
 ほのぼのとした漫画なのでほのぼのとした終わり方になるのかなぁ。
 とりあえず、今回もよっしー先生が可愛かったです(そこかい!)。


忍者ブログ [PR]
アクセスカウンター
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
インフェリー
性別:
男性
職業:
社会人
趣味:
ラノベ、アニメ、映画、TCGなど。
自己紹介:
詳しいプロフィールは こちら を。Twitterはこっち
メールフォーム
blogペット
バーコード