忍者ブログ
ラノベやアニメ、映画、TCGなど。
[1538] [1537] [1536] [1535] [1534] [1533] [1532] [1531] [1530] [1529] [1528]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 とてもうれしい。何がうれしいって先に書いてしまうとモンコレグランプリ~stage2~の予選大会で優勝できたからだ。つまり、これで本選に出場して《殺戮の女神オルトリンデ》姉様のVFの入手が確定した。
 もう、うれしい。ほんと涙が出るくらい、うれしい。


 順に書いてくとまずは一昨日の水曜日。
 久米川で日曜開催のグランプリ予選の予約ついでに公認大会。
 参加者4名。総当り3回戦。使用デックは「バードマン」。

 1人目の方は錬金ガトー。
 ガトーが硬い。竜巻以外でバードマンの能力だと強襲の3点かゼピュロスの4点がメインなので5点が出せない。しかも錬金弾を打ち消すための粉塵も引けずに対抗され、蹴散らされ。
 あれよあれよという間に本陣陥落負け。うーん、改善点はなんだったのだろう。時間が空いて忘れてしまった。

 2人目の方はメディアロイヤル重対抗。テティスやイアソンは入ってなかったと思う。
 僕の認識だと水属性はタイダルやブルーメイル、水中反撃など攻撃対抗が多くてバードマンにとって天敵なイメージなのだけど、相手の方からするとメディアトードのコンボはウィニー系相手だと微妙というか苦手らしい。互いに苦手意識をもっての戦闘。しかし戦略的に負けてしまった。
 相手の方はメディアを本陣から動かさず。《七つの海の王子》に《月のアミュレット》など困ったアイテムを装備されてずんずん進軍され本陣戦闘。たいした抵抗もできず陥落負け。
 この戦いの敗因は隊長をまったく引けなかった(手札交換を惜しんでしまった)ことだと終わってから指摘してもらった。ブラックホークは一枚だけ出せたのだけど戦闘でやられ、それ以後まったく加速ユニットを引けなかった。手札には封印やスクロールが揃っていたので手札交換をためらってしまった。これがいけなかった。バードマンは隊長ありき、加速しなければまず始まらないデックなのに思いきりが悪かった。とても勉強になる戦いだった。次からは躊躇なく手札を捨ててしまおう。

 3人目の方は聖晶ジーグルーデに聖スペルユニットを混ぜた感じのデック。
 話によると先月始めたばかりの新人さんらしい。僕も去年の12月に始めたばかりなんですよ~っと互いにがんばりましょう的なことを言いつつ、内心では(ま、負けられねぇ!)とか思ってた。たった4ヶ月程度のプレイ歴でも変な自負心みたいなものができるもんだ。はずかしい。
 たびたび相手のカードを確認させてもらう僕以上にたどたどしいプレイングに和んだのも束の間、ジーグルーデと聖晶騎兵隊のパーティに本陣リーチをかけられてしまう。思った以上に対抗が飛んでくる。さすがだ。普段自分が使っているとまったく気付かないけど他人に使われると対抗数の多さと先攻の取りやすさに舌を巻く。《シャイニング・シールド》が対抗連鎖中のみ有効なのが唯一の救い。
 本陣に攻めてきた聖晶騎兵隊はなんとか撃退。《モーラ》に《ナノティラヌス》を即時してきた非常にあぶなかった。ジーグルーデもたしか撃破してから隊長や竜巻隊、ゼピュロス装備の偵察隊でぐんぐん進撃。速さ勝負なら簡単には負けないパーティで本陣攻め。竜巻隊からの能力にゼピュロス封印スクロール等対抗して陥落勝ち。

 参加賞と副賞でプロモパック第2弾を3枚、第1弾を3枚、暗黒卿の秘儀1パックをもらった。当たったのは歌姫、ダイケ、グレーターデーモン。デーモンはあたりかな。1弾はフォクシアの口寄師、ブラウニーズ、OPBだった。暗黒卿からは《第13部隊ネイ&ネル》《オズボー将軍「銀角」》が出現。やったー、プリキュアげっとー。
 また大会とは別に伏龍殿2パック、神霊獣が半額ちかい安さだったのであるだけ(13パック)買ってきた。伏龍殿は《ギルマン重甲船団長》《マッドマックス》、《ミラージュ・ドラゴン》《神の箱舟》だった。神霊獣は極稀が《不敗将軍ウェイヤン》《地殻獣ベヒモス》《霊鳥ガルーダ》《灼熱の魔狼フェンリル》《ブルーアイズ・ロック》。なんかサイズがでかい。ロックに別種のものがいたんだ。ガルーダってたしか空中庭園にいたやつだっけ?
 稀はスワンプやコアトル、深淵ロザリオを各2枚ずつ引いたくらいか。一番ほしかった日輪どころか指輪すら当たらなくて悲しい。でもディスペルやリザレクション、トンネルがちょっとだけ当たったからそれで良かったことにしよう。



 そして昨日の木曜日。
 秋葉原で17:00からとか19:00からとか開始時刻で参加者を翻弄したグランプリ予選大会。
 出発直前に親におつかい頼まれたりして緊張感も何もないまま疲れた感じで会場のショップへ。なんかすごい人たくさん。僕はキャンセル待ち2人目だったのでなんとか参加。16名スイスドロー4回戦。使用デックは前回の「シャチミノ金銀」をちょっと改造したデック。

 1人目の方はどんなデックか忘れた。《七つの海の王子》や《レディ・アルストロメリア》がいたのは憶えてる。
 フィールドのメリアをなんとか倒してから本陣のメリアを倒すため、あえてシャチに伏兵隊即時で仕掛ける。メリアのみ特別攻撃で倒して出戻り。そのあとはシャチにシナジーある3レベル召喚してボダの氷晶塵に《眠りの粉》を放って陥落勝ちだったと思う。

 2人目の方はラヴァー。もちろんツァンレン入り。
 あまり攻撃が激しくなかったのでどんどん攻めた。たしかツァンレンはアーマーンで撃退できたような……? 展開的に悪くなかったが本陣戦でシャチKODの後攻攻撃時、KODの能力でシャチの防御力をあげておけばよかったもののそのまま攻撃。《フレイム・タイド》でシャチに7点。打点は足りてるのだから防御はあげるべきだったのだと後悔。
 その後は2体目のシャチを召喚したりして、力で押して本陣陥落勝ち。

 3人目の方は錬金スティグマーター。ドワーフもいっぱい入ってた。
 いきなり出てくる《ガトリング・ヴァイパー》や《スティグマーター》に尻込み。これはやばそう。シャチパーティーで粉塵2枚使いヴァイパーを退ける。直後に宝物庫で粉塵1枚回収。2枚に増やした宝物庫に助けられた。
 その後は迂回してくるスティグマーターは無視して北上。本陣を攻めるも《ティランガの錬金弾》で寝かされたり、ダムロのドワーフたちの防御力を貫通できなかったりで苦戦。その隙に自軍4まで進軍してきたスティグマーターが脅威。手札で腐ってた《眠りの粉》の消費がてら倒せたらいいなで進軍。ティランガで寝かされ《眠りの粉》で寝かせ。次ターンにふたたび《牛頭鬼の騎馬武者》《牛頭鬼の戦斧使い》で攻める。同時! 互いに攻守が同数で破棄。アイテム使わせたら勝てるかわからなかったのでユニットを消耗したとしても脅威を取り除けたのは大きい。そのあとはドワーフ相手に先攻ほぼ確定だったので迂回してきた騎馬武者と銀角の先攻チャージユニットで挟み込み本陣攻め。アイテムで補助して押し切り、陥落勝ち。

 4人目の方はボダマカラ。《縞々王ゼブ》やストライパー系がけっこう入ってた。前回の町田の予選大会で優勝した人。対戦する前から負けた気分。
 《妖精の輪》の上に陣取った《ストライパーの老師》に3レベルを落とされたりして苦戦。その隙に迂回してくる《アンゴルボダ》を対処したいもののフィールドの大型は銀角のみ。相性最悪。ただし手札にKODがいたのでシナジーをあえて打ち消してみようかとも思ったが銀角がいたのは自軍2。敵の進軍をはばむためにも動けず。本陣にシャチと騎馬武者召喚したところへボダが進軍。即時で《フェアリー・ドラゴン》《エルフ森林結界士》。イニシでフェアリーからシャチに能力。対抗なし。こちら先攻。騎馬武者からボダに《封印の札》→氷晶塵&《メズマライズ》→シャチがもう一回《封印の札》→シャチにボダ&結界士が《キュクレイン・フラッド》*2→シャチが結界士にスクロール→対抗なしで撃退に成功。互いにフル対抗の末に守りきれて手汗にぎりまくり。
 ボダを撃退してホッとしたのも束の間、今度は《地獄の大公サルガタナス》登場。これはまずい。一枚だけ入れていた《トンネル》は序盤のフィールドにボダしかいなかったので捨ててしまっていた。手札には《封印の札》と《金剛丸》。金角と戦斧使いで一か八かの進軍。5レベルユニットカードはたぶん握ってる。先攻とって3レベルの戦斧使いで《封印の札》。しかし対抗で3レベル投げられ退場。金角の攻撃とどかず反撃で退場。いよいよダメかと思ったものの、次の戦闘では対抗もなくあっさり打倒。山札も引き尽くし、どうやら手札がない模様。本陣に《モーラ》が一体たたずんでいるところへ銀角で進軍。そのまま本陣陥落勝ち。


 4勝0敗40点で優勝。もう感無量というか放心状態。
 これでVFのオルトリンデ姉様をサイン入りミルフィの横に添えてあげられる。
 姉妹の2人を、それも特別な2枚を隣り合わせで並べられると思うと幸せでたまらない。ミルフィも喜んでくれるといいな。

 大会参加賞の《ヘルボーンの暗黒司祭》SPと上位賞の《林檎姫アップリケ》SPVFをもらった。また、ショップの金券1600円分をもらったのでその場で伏龍殿2パックとヴァンガードの構築済み「聖域の光剣士」を購入。伏龍殿からは《蝙蝠王ヴァンデミオン》《イエティ》、《獅子姫レオーネ》《神の箱舟》が。2パックで極稀2枚は運がいい。しかもレオーネは初めて。最初、眠たそうな顔してるのかなと思ったら意外にも口もとはいたずら好きそうな感じに笑ってるのね。かわいい。



 そんなこんなで予選大会はおしまい。戦慄せまる日々ともおさらば。
 あとは本選当日に寝坊しないよう気をつけるだけだ。

 それと本選には変わらずシャチ系で出ようかと思ってる。
 本選大会に参加できればVF《殺戮の女神オルトリンデ》を入手でき、僕の目標は達成される。順位に興味ないので聖晶デックで出ようかとも思ったが全国大会に出られる機会なんてなかなかないし、それに行きたくても行けない人もいるであろうことを考えるとあまり不真面目な気持ちで参加するのはよろしくない気がする。全力のデックを使い、全力で行けるとこまで行ってみたいと思う。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
アクセスカウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
インフェリー
性別:
男性
職業:
社会人
趣味:
ラノベ、アニメ、映画、TCGなど。
自己紹介:
詳しいプロフィールは こちら を。Twitterはこっち
メールフォーム
blogペット
バーコード