忍者ブログ
ラノベやアニメ、映画、TCGなど。
[44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 ふと思ったのですが、ビデオを見返してみると次回予告でしつこくハルヒが次回の話数を間違えるのですね。それで気が付いたのですが、キョンのいう話数は単純に放映する順番で、ハルヒの言っている話数が本来のアニメ版ハルヒの正しい時系列なのではないのでしょうか。あれ、もしかして気付くの遅いですか?(汗)
 で、これからハルヒが放映終了するまでその内容と順番を記していこうと思います。

 注:原作においても巻の番号がそのまま時系列に沿っているわけではありません(一巻は一学期の話、二巻は二学期の話、三巻は夏休みの話、という具合です。ただし一巻のみ一番最初の物語と考えてほぼ問題ありません)。

 第一話「朝比奈ミクルの冒険 episode00」:ハルヒ予告なし。原作では二巻が映画製作の話であり、六巻に放映自体の話が納まっている。時期は原作一巻から半年後、体育祭の翌月で十一月中旬。TVでは番外編の扱いか。

 第二話「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅰ」:ハルヒ予告では第一話に相当。原作一巻の冒頭。「憂鬱」の時期は四月上旬から五月下旬まで。

 第三話「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅱ」:ハルヒ予告では第二話に相当。原作一巻に納められている内容。

 第四話「涼宮ハルヒの退屈」:ハルヒ予告では第七話に相当。原作三巻に納められている話。時期は一巻から二週間後、六月の上旬にあたる。時間経過を考えると一巻の話が六話分放映される可能性あり。

 第五話「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅲ」:ハルヒ予告では第三話に相当。原作一巻に納められている内容。

 第六話「孤島症候群(前編)」:ハルヒ予告では第九話に相当。原作三巻に納められている話。時期は七月中旬、夏休み初日からの数日間。

 第七話「ミステリックサイン」:ハルヒ予告では第八話に相当。原作三巻に納められている話。時期は七月上旬、おそらく二週目。

 第八話「孤島症候群(前編)」:ハルヒ予告では第十話に相当。前編の続きで以下省略。

 第九話「サムデイ イン ザ レイン」:ハルヒ予告では第十四話に相当。原作未登場ゆえにアニメオリジナルの話か。時期は十一月下旬。

 第十話「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅳ」:ハルヒ予告では第四話に相当。原作一巻に納められている内容。

第十一話「射手座の日」:ハルヒ予告では第十三話に相当。原作五巻に納められている話。時期は十一月下旬にあたる。

第十二話「ライブアライブ」:ハルヒ予告でも第十二話に相当。原作六巻に納められている話。時期は十一月中旬、文化祭当日。

第十三話「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅴ」:ハルヒ予告では第五話に相当。原作一巻に納められている内容。

第十四話(最終話)「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅵ」:ハルヒ予告では第六話に相当。原作一巻に納められている内容。


 (放映順番号)ハルヒ予告に従った正しい時系列

 (第二話)「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅰ」四月上旬~五月下旬
        ↓
 (第三話)「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅱ」
        ↓
 (第五話)「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅲ」
        ↓
 (第十話)「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅳ」
        ↓
(第十三話)「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅴ」
        ↓
(第十四話)「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅵ」
        ↓
 (第四話)「涼宮ハルヒの退屈」六月上旬
        ↓
 (第七話)「ミステリックサイン」七月上旬、二週目
        ↓
 (第六話)「孤島症候群(前編)」七月中旬、夏休み初日からの数日間
        ↓
 (第八話)「孤島症候群(後編)」
        ↓
 (第一話)「朝比奈ミクルの冒険 episode00」十一月中旬、文化祭当日
        ↓
(第十二話)「ライブアライブ」同上、文化祭当日
        ↓
(第十一話)「射手座の日」十一月下旬、文化祭終了から約十日後
        ↓
 (第九話)「サムデイ イン ザ レイン」十一月下旬



 
 5/13(土)次回以降の予想もしてみましょうか(苦笑)。

 まず前提として夏休み中いっぱいの話までで終わる、と仮定する。それ以降の話を放映すると纏りが悪くなるというのが理由。これを元に各話を予想する。

 残っている話は「笹の葉ラプソディ」、「エンドレスエイト」、第一巻の未放映内容(おそらく全六話、残り三話)となる。
 「笹の葉ラプソディ」は時系列的に「涼宮ハルヒの退屈」と「ミステリックサイン」の合間に起こった話だが、ハルヒ予告に従うと放映することができない。だがここで「笹の葉ラプソディ」の話の性質を考えてみるとどの時間軸に挿入しても一応の納得を得ることが可能であり、また内容の重要性からして放映しないはずがないと予想。そうすると考えられるのは最終話の回に「第零話」として放映する可能性がある(朝比奈ミクルの冒険における「episode00」という言葉に捕われず、アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」としての「第零話」と捉える)。
 以上を纏めると「孤島症候群(後編)」、「エンドレスエイト」、第一巻の未放映分(三話分)、最後に「笹の葉ラプソディ」を零話に繋げて終了、と予想できる(もしくは一巻のラストが最後にくる可能性も否定はできない)。
 全話数は合計で十三話分になるが、内容量の問題で前後編をつくり全十四話になるかもしれない。

 という感じです。あー疲れた(苦笑)。こんなことに一日を費やしてしまった(汗)。まあ、既刊をパラパラめくってあーだこーだ考えるのも楽しいから良いのですが。はてさて、予想は当たるのでしょうか(苦笑)。

 5/23(火)時系列の表っぽいもの追加。見やすくなっていれば良いのですが。あ、あと未確認情報ですが全十四話らしいです。

 5/26(金)最終回がオリジナル話だなんて、あー……全く予想が立たなくなりましたね(困)。時期は冬でハルヒ予告も最終回っぽいセリフですが、どうして冬の話を最後に持ってくるのでしょうか。そこが謎です(見れば分かるのかもしれませんね)。また「笹の葉ラプソディ」がどこに入るのかも分からなくなりました(汗)。最後にすると十五話目になりますし。う~ん、分からない……。

 7/7(金)終わってしまいました。「笹の葉」も「エンドレス」も入っていませんでしたが最終回を見る限り「憂鬱」のラストで正しかった気もします(苦笑)。何というか、すごいアニメでした。ぜひ2クール目もやってほしいですねぇ……。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
アクセスカウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
インフェリー
性別:
男性
職業:
社会人
趣味:
ラノベ、アニメ、映画、TCGなど。
自己紹介:
詳しいプロフィールは こちら を。Twitterはこっち
メールフォーム
blogペット
バーコード